FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

火入れ~音だし

配線完了から、少し時間が経ってしまいました。(゜э゜)
まずは、火入れ式を行いましょう。

これは、+B、-C電源が安全に電圧が出ていることを確認する為のテストです。
真空管は挿しません。AC電源はスライダックで50V程度に下げて事故が無いように気をつけます。
各部の電圧をすばやく確認します。
大丈夫そうです。

R3220780[1]

裏返して、真空管を挿します。また、バイアス調整の準備をします。

R3220781[1]

真空管を挿します。
ダンブルレーター用はJJの12AX7、初段はMULLARD、OverDrive,PhaseInverterはGrooveTubeをチョイスしました。
パワー管はエレハモの6V6を4発取り付けます。
取り付けてパワーオン!
しばしヒーターの灯を見てうっとりしてます(*゚ ー ゚*)

R3220782[1]

さてと、では+Bのスイッチを入れて、バイアスを調整します。
電圧は設計値とおり可変することは確認してます。
・・・が・・・
あら?真っ赤・・・スイッチオ~フ!

しばし配線を確認して考えます・・・あっ。未配線見っけ!
ようやく、安全な領域にバイアスを納めることが出来ました。

R3220785[1]

んで、一気に音が通るかチェックです。
ん~なかなか一発ではうまくいきません。が、何箇所の未配線を処理して、ようやくパワーメーターが振れましたWw

R3220787[1]

ようやく、テストベンチからスピーカーとギターがある場所へ。
EQが効かない。。。
発振している・・・・・

などなど。。。_| ̄|○

でも、もう馴れっこなので、対策は早いです。
EffectLoopのデバッグとNFBで発振があり、後日に残してしまいました。

こちらもデバッグはテリーで(^^;)
スピーカーキャビネットはEVM12L+EVM10Mです。
このキャビネットを発送する前に工房にウインチを取り付けることを真剣に考えてます。

工房の1Fから2Fへ上げるのはがんばってあげましたが、下ろすときは、自分も一緒に転げ落ちそうな気がしてたまりません・・・(´Д`;)

R3220788[1]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
890位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
45位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR