FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

フットスイッチ作成、不具合対策

フットスイッチの裏蓋を作ります。
アルミ板をカットします。

R3219875[1]

穴位置を決めて、蓋側に穴をあけて、皿ネジのザグリ加工を行います。
その後、脱脂を行って、塗装ブースへ。

R3219877[1]

さて、塗装が乾くまで、トラブルシュートを行います。
実際に弾いてみて大きな問題点を書き出していきます。

ええと。。。

1.フットスイッチのF/D(FenderチャンネルとDumbleチャンネル)で、ご希望はDumbeチャンネルでLEDが点灯なのですが、Fenderで点灯してしまう。

2.OverDriveの音が出ない

3.JAZZモードがおかしい(やたらとパワフル)

4.Brightの片側の音が出ない

5.FenderチャンネルにしたときにDumbleチャンネルの設定によって発振してしまう。
などなど・・・_| ̄|○

まあ、1つずつやっつけていきますが、5番の問題がすっごく厄介です。
「Fenderチャンネルが選ばれたとき、Dumbleチャンネル側のグリッド抵抗がなくなるので、発振するんだな」と考えていたのですが、1MΩでグリッドを落としても発振音に変化はありますが、なくなりません。・・・やばっ!

 根本的には、選ばれていないときはGNDに落とす必要がありそうです。
ワニ口で実験すると見事に止まります(当たり前ですが・・・)

R3219880[1]

う~ん、えええ・・・と。。。。
やむをえないです。リレー基板を設計しなおして、入れ替えるしか根本対策はなさそうです。

CADで設計をして、切削して基板作成しました。

R3219887[1]

部品を実装します。
明日入れ替えを行います。トホホ

R3219888[1]

がっかりしたところで、旧工房を覗くと、塗料が乾いていたので、裏蓋をスイッチに取り付けます。
ゴム足も貼ります。

R3219896[1]

カッコいい!

R3219893[1]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
890位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
45位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR