FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

KORG XVP-10 バッファーインストール

KORG XVP-10にバッファインストールのご依頼をいただきました。
ありがとうございます。m(_ _)m

早速内部の様子を確認です。

R3219359[1]

ついている基板等をばらして、基板の解析を行います。
結構凝っている回路でしばらく悩みました。

R3219363[1]

最後まで悩んだのはこいつでした・・・
VOLUMEの最小値をシフトするためのものなのですが、部品の足だけで判断していたら、どうしても、つじつまが合わなくなってきて???(´Д`;)

しかも、本日、親不知を抜いてきたので、歯も痛くなってきました(泣)

R3219364[1]

回路の解析が終了したら、基板等のレイアウトを検討します。
CADで基板外形を書いて紙を切って、収まりを確認します。

R3219365[1]

回路図と基板をCADでシコシコ描きます。それほど規模が大きくないので、チョンボはなさそうですが、確認は行います。

R3219366[1]

データーをCNCに持っていって、基板を作成し、部品を実装したところです。

R3219370[1]

出来上がったところで、基板の動作確認を行っておきましょう。

R3219371[1]

筐体はもともと、バッファを入れられるような設計になっていたのか?電池が収まるスペースや、基板の固定部分がありますが、ネジは切れていないので、3mmでネジを切ります。

R3219367[1]

今回TUNEER OUTは不要で、そこへDCジャックを追加しますので、TUNNER OUTの部分を基板ごとちょん切ってしまいます。(゜э゜)

R3219373[1]

さて、全体を組みなおして、動作確認、調整などをおこないます。
無事動作しました。(・ω・)ノ
Earnie Ball同様に癖がなく、スムーズなバッファです。

R3219374[1]

こんな感じで、全体が収まります。

R3219378[1]

今回はDC INをフロントのTUNNER OUTがあった場所に追加してます。

R3219379[1]

これで完成になります。
ありがとうございました。m(_ _)m

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
1151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
54位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR