FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

Custom Telecasterボディ作成編

今回のカスタムテレキャスターは、ずーっと昔、購入したいと思っていた59年カスタムテレキャスター(先を越されて入手に至らなかったのですが・・・)を再現したいと思っています。

 なかなか入手しにくいのですが、アルダー1ピース材を入手していましたので、今回これを使用します。
両面平面を出してから加工します。

20190726_103226[1]

表側加工完了

20190726_151509[1]

裏側の加工も完了です。

20190726_110923[1]20190726_165053[1]

カスタムテレキャスターなので、両面バインディングです。
だいぶ慣れてきました。接着完了するまで、しばらく置いておきます。

20190729_122741[1]

マスキングテープをはがして接着の状態を確認します。ばっちりでした。

20190731_125535[1]

余計にはみ出たバインディングをスクレーパーで削ります。

20190731_105008[1]

前回の塗りつぶしも想像以上にロックでかっこよかったのですが、今回は3トーンサンバーストにします。
ボディ材のあまりで中心の黄色の色を合わせます。

20190802_090452[1]

黄色の着色をして、定着を待ちます。
20190807_165922[1]20190802_131203[1]

20190806_140408[1]

配線の穴を開けるのを忘れていました。サンバースト塗装前に加工してしまいます。

20190810_141421[1]

まずは帯の箇所をエアーガンで塗装します。
59年の雰囲気を大切に。。帯の幅、色合いが重要です。

20190813_092725[1]20190813_092553[1]

そして中心部の赤を載せます。意外と赤は鮮やかめでもだんだん退色しますので、当初は鮮やかな色をのせます。

20190813_094150[1]20190813_093551[1]

いい雰囲気になったと思います。
次、バインディングに塗装がのってしまったので、はがしていきます。これ、結構大変で、気を使います。

20190814_083826[1]

バインディングはがし終わったら、シーラーとラッカーを吹いていきます。今回、レリックというわけではないのですが、あまりピカピカな仕上げにしないようにします。

20190814_142252[1]20190814_155500[1]

ラッカー→磨きを繰り返しますが、ピカピカの手前で作業終了にします。こんな感じがいいかな(^_^;)

20190815_090159[1]20190815_090135[1]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
846位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
37位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR