FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

アナログディレイ考

今までの回路ですが、ロングタイムにしたときのジジジノイズがやはり気になります。
根本的に回路の構成を考え直します。

 そもそも、現在アナログディレイで最長のものでも1秒をちょっと超えるくらい、900msec(0.9秒)が上位機種のスタンダードのようです。

 ノイズとディレイタイムはBBD素子を増やすことで解決できそうですが、際限なくやってしまうと、大きさとコストに大きく響いてきますので、今回は4096StepのBBD素子を4発で1秒を目指すことにします。
WET側のS/Nを稼ぐためにコンパンダー/エキスパンダーも入れることにします。。。やはり、段々と大掛かりになってきてしまいますが、しょうがない・・・

クロックドライバーの検証をしています。
というのも、CPUで直接コントロールしたほうが楽かな??と思いましたが、実力的にはどの位の発振器が必要なのかを見てみると、、、意外と速い!
数μsec~数十μsecという単位でしかも精度良く動いています。

R3227424[1]

CPUの割り込みを考えると、厳しいかな?と思い、我らがタイマーIC555で作ってみましたが、msecでは大丈夫そうなのですが、μsecの精度ではDuty比が使い物にならなさそうです。

やはり、専用のドライバーは優秀なのだということがわかりました・・・

R3227427[1]

ちなみに、AVRマイコンのポート処理(内蔵クロック動作)で試してみましたが、Dutyはプログラムの記述しだいで問題なく50%程度になりますが、間にADCを入れるとADの処理で400μsec程度要します。
 BASICのコンパイラーで最速で5μsecがいいところでした。これ以上はアセンブラで記述する必要がありますので、どう考えても専用クロックドライバーを使うのが賢そうです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
1151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
54位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR