FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

部品取り付け

部品取り付けを行います。
これはつるすタイプではなく、アンペグのようにシャーシが下側にレイアウトされるタイプになります。
結構こんがらがります。。。。

R3231074[1]

4チャンネルスイッチ増設

プリアンプをご使用いただいているお客様から、4コントロールのフットスイッチの御依頼がありました。
フットスイッチ側、プリアンプ側にそれぞれマイコンを仕込み、通信させてコントロールする方法をとります。

まずは、デバッグ用のボードを作製します。

R3231072[1]

部品を実装します。

R3231073[1]

出荷

シリアル番号を振って、梱包箱、説明書などを準備し、発送です。
末永く御愛用いただければうれしいです。

R3231068[1]

配線

配線を進めています。

R3231067[1]

配線完了

カスタムを3台作製
オペアンプは4桁艶ありRJC4558を使用します。
ワイヤーは50年代ビンテージWE製です。使っているうちにエージングされて高域に艶が出てきます。

R3231066[1]

組み込み完了です。

R3231065[1]

Fender Professionalメイプルキャビネット修理

Fender Proffesional というアンプ入院してきましたが、ケースもとてもお洒落なホワイトトーレックスです。

R3231040[1]

メープルキャビネットで雰囲気がいいです。

R3231041[1]

入院の原因ですが、これです。
サイドのキャビの継ぎが割れています。

R3231044[1]

まずはアンプ部を下ろしましょう

R3231043[1]

中身はかなりシンプルなアンプです。
プリ管も6SJ7など、およそギターアンプでは使用しなさそうな管です。
しかも小さく見えるのですが、このスピーカー、15インチですね。とても大きいです。

R3231050[1]

バッフルごと外します。
懲りすぎです、バッフルもL字金具、マイナスネジで固定という懲りようです・・・
ビットがないので、手回しで外していきます。

R3231054[1]

ここまでバラせば、修理可能です。

R3231055[1]

この割れ方、なんか見覚えがあると思ったのですが、ビスケットジョイントで接着しているのですね。
ビスケットの形に割れています。
しかも、単面には接着剤がそれほどまわった形跡がなさそうです。

R3231058[1]

キャビの傷口を少し広げてグルーを流し込み綿棒で隅々に回るようにします。
しばらくクランプで固定し硬化を待ちます。

R3231061[1]

ケース加工

ケースの穴あけ加工を行います。
この後、部品取り付けを行います。

R3231024[1]

配線完了

配線が完了しました。
次は動作確認です。

R3231037[1]

2ch STOMP DISTORTION側動作

基板を再度作りなおしました。
 定数も追い込んで、かなりいい感じのDistiortionになってきていると思います。
よくある中域がスカスカなDistortionではなく、しっかり中域も残っていて粒立ちが大きめの歪みの感じがいい具合です。l
AKG DRIVEと比べてもキャラクターが異なっているので、2chにすると面白いSTOMPになると思います。

R3231029[1]

Simulator実験

電源確認して、動作もそれらしくしているようなので、音質のチェックと確認に入ります。
MTRのLINE INPUTに接続してあれこれ定数をいじっています。
もう一息だなあ

R3231027[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
28位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR