FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

スピーカー、グリル取り付け

グリルネットを作製します。

R3230489[1]

貼り終えました。

R3230490[1]

スピーカー取り付けます。
10インチx2で16Ω配線にします。

R3230492[1]

こんな感じです。

R3230493[1]

Send-Return増設

コントロール類を取り付けて配線します。

R3230482[1]

基板はサイドに配置し景観を損ねないように配線に気をつけます。

R3230483[1]

トーレックス貼り

マーシャルやHiwattなどのヨーロピアン系はなぜか、パイピングでトーレックスを継いでいくのです。
これが結構大変です。

R3230472[1]

時間がかかるので、グルーも硬化し始めますので、急ぎますが、それでもいつもの倍以上の時間がかかります。

R3230477[1]

ようやく1周貼り終えました。

R3230478[1]

あとは、ここの方熱穴です。

R3230479[1]

ひゅーう・・・やり終えた・・・

R3230480[1]

アンプ側完了

内蔵したマイコンへのプログラムが完了し、ロードしました。

どうも、ある条件で挙動不審になると思ったのですが、リレーを駆動する電流に電源が耐えられずに電圧がドロップし、RESETがかかっていました。

電源を変更して解決しました。

次は、フットスイッチとパス切り替えのスイッチを作製します。

R3230466[1]

グリル枠作製

グリル枠を作成します

R3230467[1]

グリルネット分の余裕を持たせてサイズを決めてます。
塗装を行います。

R3230468[1]

桟取り付け

アルミ板を加工して、桟を作製します。

R3230456[1]

作製した桟を取り付け、グリルネット用の受けを取り付けました。

R3230458[1]

部品取り付け

SEND-RETURNの増設です。
ジャックやコントロール関係はここに取り付けます。

R3230439[1]

えい。

R3230444[1]

基板はサイドに取り付けます。

R3230440[1]

穴加工をして、、、

R3230446[1]

仮取り付け。
HIWATTの配線の景観を崩さずに配線したいです。

R3230449[1]

配線完了

元々付いていた増設BOXにさらに内蔵PREか、外部PREを選ぶためのジャックを増設し配線します。


R3230437[1]

基板も取り付けて、テストプログラムをLOADしてみて、配線チェックまで完了。
プログラムを書いて、切り替えのノイズなどの確認と対策を行います。

R3230438[1]

シャーシ合体

シャーシの大きさとネジ位置をCADから写し取ったJIGを作製して、シャーシ固定用の穴をあけます。

R3230425[1]

無事合体しました。

R3230429[1]

スピーカーキャビネット用のグリル枠を作成、合わせて、桟も作製します。

R3230431[1]

ヘッドキャビネット作製

ヘッド側のスエードも貼っていきます。

底面を貼りました。

R3230405[1]

残り部分を貼っていきます。
ゴミや埃に注意しながら貼っていきます。

R3230406[1]

やっと1周しました。

R3230410[1]

コーナー金具、ゴム足を取り付けていきます。

R3230411[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
28位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR