FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

側板

横に貼る板を作成します。

これは12mmのべニアを25mm間隔で10mm程度切り込みを入れたものを作成しました。

R3225444[1]

取り外すと「グニャグニャ」ですヽ( ´ー`)ノ

R3225445[1]

一部表面が見えてしまったところもありますので、アルミテープを貼ってふさぎます。
これは屠龍ですが、円に沿って貼っていきます。桶を作っているみたい。


R3225447[1]

ようやく、ぐるりと1週しました。

R3225448[1]

ポリ容器にのせてみます。溝もきれいにポリに嵌ります。
ちょっとアコギの中身ぽいかな??

吸引側のΦ50用のジョイント部は、まだ接着してません。

R3225450[1]

バイアス調整

いよいよバイアス調整までたどり着きました。

真空管達です。

R3225436[1]

ええと、使用する真空管を、ご紹介しますと

左から
エフェクトループ管:JJ製12AX7
初段管:Mullard製12AX7
OverDrive段:GrooveTube製12AX7
フェーズインバーター管:Mullard製12AX7
パワー管:6V6
となってます。

R3225443[1]

今度は電圧を正常な値、日本用は100V、USA用は120Vで電源を入れて、バイアス電流をモニターして合わせこみます。
最初はやはり少し動きますので30分位通電して落ち着いた値で調整しました。


R3225441[1]

基板

基板作成2台分です。
まだ作成します。今日も終夜通電・・・

R3225433[1]

配線

フットスイッチ関係の配線、リアのコントロール関係の配線が終わりました。

R3225432[1]

火入れ

さてさて、いよいよ配線も終わり、火入れ式を行いましょう!
感電に要注意です。

 フューズを入れて、AC電圧を70V程度に下げて、B1とB6電圧をモニターしながら電源ON、スタンバイONで電圧をすばやく観測します。

R3225424[1]

次にBIAS電圧2箇所をモニターして、バイアス調整POTを動かして可変するかどうか確認します。
DC確認はこんなところです。

R3225425[1]

全てのアンプを確認していると、1台だけB6が上がらないアンプがありました。 _| ̄|○
B6の先でショートしていたようです。
ショート箇所を見極める為、基板を外して確認します。原因も突き止めました。
まあ、普通の作業不良で、特に問題になるようなことはなさそうなので、修理して一安心 (´Д`;)

R3225428[1]

ずらりと完成です。
そろそろキャビネットですね。

R3225430[1]

完成

NFB回路の定数を見直すことにしました。
これでこの回路的にはいじるところは無いでしょう。

R3225421[1]

配線を行います。

R3225422[1]

表側は変わってません。

R3225434[1]

あけるとスイッチがあって、16V側でパワーアップします。
音量も若干増えますが、低域と高域がノーマルよりは出ていると思います。

今回はありがとうございました。m(_ _)m

R3225435[1]

基板準備

前回の試作の結果修正箇所を図面に反映します。
これでようやく記入した紙は捨てられ、スッキリします(^^;)

R3225402[1]

少し大きめの基板切削なので、CNCの台の板を新しい物に取替えて面払いを行いました。
基板は終夜通電して作成します。夏だとモーターが暑くなって心配なのですが、ようやく安心できる季節になりました。

R3225415[1]

昇圧回路完成

配線を行います。

R3225403[1]

アンプ基板を元のスペースに収めて・・・

R3225405[1]

この位置に新たにスイッチ付きの基板を増設します。

R3225407[1]

動作も大丈夫そう・・・スイッチを入れると9Vから16V程度まで上昇します。
電池がなくなってくると16V側でプツプツいい出します(^^;)


R3225408[1]

送っていただいたスピーカーをあてがってみたのですが・・大きさがあわず・・・
結構、インチサイズでこの大きさのスピーカーは無いですね・・残念

R3225410[1]

ひとまずモデファイは完了です。

吸引側の固定

Φ50のホースがHCに在庫が無かったので、とりあえず予約して、接続用のパイプを購入してきました。
Φ50は吸引側(CNC側)に採用予定です。

固定用の板を設計します。

R3225411[1]

切削して・・・

R3225412[1]

こんなものが出来ました。

R3225413[1]

これとパイプを接着しておきます。

R3225414[1]

配線

+B関係の配線を終了しました。
大分終わりが見えてきた・・・(´Д`;)

R3225391[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
847位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
41位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR