FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

配線

内部の配線がほぼ終了しました。

R3225163[1]

リアパネル側です。

R3225167[1]

完成&発送!

アンプシャーシも配線を終えました。
動作も問題なさそうです。

シャーシのバックパネルにシリアルと、サインを・・(/ω\)とのことなので、、、僭越ながらサインをさせていただきました。

R3225173[1]

最終的にバイアスを確認して・・・

R3225172[1]

組み上げました。サインはこんな感じ(*゚▽゚*)ありがとうございました。
末永くお使いいただけるととてもうれしいです。

R3225189[1]

Eye-Fi

Eye-Fiカード買っちゃいました。
見た目はただのSDカードなのですが、なんと中にWi-Fiが内蔵されています。

これをデジカメに入れておくと写真がどんどん転送される仕組みなのです。すごいアイディアです( ゜o゜)

R3225177[1]

いつも、ブログ用の写真は作業しながらデジカメでパチパチ撮って、作業が終わってグッタリしながらPCにその日の写真を転送していたのですが、その作業がなくなって、ブログを描くころには、その日撮った写真がPCにアップされているので、楽ちん!

しかーし、Wi-Fiのアクセスポイントが母屋の方にあって、上手く届かないみたい・・・これは工房にもアクセスポイントを導入するしかないか??
と持っていたのですが、なんと、ダイレクトモードというモードがあって、カード自体がアクセスポイントになっるんですよ。
確かにPCのネットワークにEye-Fiのカードが出てきますね。

それで接続すると、さっくりとPCにアップできました。
いや~、とてもとても便利なカードでした。

配線

電源部配線してます。
大分すごい規模になってきました。

R3225204[1]

配線は続く・・・

エフェクトループ用の基板の配線です。

R3225195[1]

8月も終わるというのに、とても暑いです・・・

配線

MIXER部に使用するDualPotの配線です。
これは、やはり外して単品状態で配線する方が楽です。

R3225143[1]

フットスイッチ

購入していただいたギターリスト様の意向で、フォーンジャックで本体をコントロールしたいとの事。
しかし、よくよく考えてみると、モノラルのフォーンでは電源が供給できず、LEDが点きません。ステレオケーブルの使用も考えたのですが、モノラルを挿されたときに電源とGNDがショートしてしまうので、それも無理があります。
OP-1はそういう時の為に本体にLEDでモードを表示しているのですが、コンボはフットスイッチについているLEDしか表示が無いのです。

色々と相談していただき、フットスイッチに電池を搭載することにしました。

R3225129[1]


DCジャックは当初、板の厚みで無理とご回答したのですが、こんなパーツを考えて作成してみました。

R3225130[1]

わお!何という事でしょう。我ながらGood IDEA!

R3225132[1]

元々のMINI DIN 5PINがDCジャックに変わりました。

R3225134[1]

電池ボックスを配置して、部品を取り付け、配線が完了しました。
本体はまだ未配線なので動作確認は後日になります。

R3225136[1]

配線

配線の数がとても多く、いつも使用しているワイヤーストリッパーは、小回りが利いてとても良いのですが、引っ張る回数が多くなると、指が擦り剥けてきます(´Д`;)

なので、ストリッパーを購入してきました。緑色の柄の道具です。

とても、メカニカルな動きで、ものすごく楽しい道具です。

R3225124[1]

しかし、購入してきて試してみると、撚り線の何本かが切れてしまいます。心線に対して歯の穴径が小さいようです。
小型のグラインダーとやすりで、少しずつ削り調整しました。

R3225123[1]

メイン基板につける配線が完了しました。

R3225127[1]

ふゅ~(´Д`;)

R3225128[1]

アンプ作業用スタンド

今まで使用していたスタンドを測定したり、新しいアイディアを考えて図面をおこします。

R3225099[1]

テストピースをCNCでカットしました。

R3225117[1]

強度的にも問題なさそうで、ネジのみで組み立て可能ですので、使用していない時はバラバラにしてしまっておけます。大きさもある程度自在なので、色々なタイプのアンプに対応可能です。

R3225120[1]

POTと特性

やはり、再度A&B社製のPOTに戻しました。
これで、半固定抵抗の上もほとんど使い切ることができます。
糸かけでも、若干POTの回転角を吸収することができます。

調整後試演してみました。
バッチリだと思いますので、本日発送いたします。
今回はご依頼ありがとうございました。

R3225106[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
28位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR