FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

Looper Mixer作成

先日のEffectLoopの実験もうまくいきましたので、おそらくこれで大丈夫だと思いますので、設計に移ります。
1ch、2ch、3ch対応のMIXER付きDumblatorのような感じです。
 これで3chでディレイとリバーブかけたら幸せなんだろうなぁ・・・

R3223126[1]

配線

コントロール関係の配線を終えました。
だいぶ進んできた(・ω・)ノ

R3223122[1]

フットスイッチ作成

フットスイッチのOSMOカラーレス2回目が乾燥しましたので、部品を取り付けて、配線を行います。

R3223121[1]

いい感じです。
今回のスイッチはリバーブのON/OFFのみです。

R3223120[1]

EffectLoop実験など

キャビネット側にハンドルなどを取り付ける事もあって、いったんシャーシを下します。
今回は、ここで、EffectLoopに関する実験を行います。
 これまでの私のEffectLoopのコントロールはクロスフェーダーの様に、MIXつまみが左でDry100%、真ん中で50/50、右に回し切るとWET100%が出るようにしてます。

 これを、回路を変えて、スイッチで上記のクロスフェーダーのモードと、常にDry音が同じ音量で出ており、MIXの位置でWET音を足していくモードを追加しようと思います。

暫定的にCrossモードとAddモードとしておきましょう。

Crossモードは今後3chに拡張することを狙って、ステレオでWET100%の音をサテライトスピーカーから幸せなサウンドを出すのに用います。(・ω・)ノ

R3223110[1]

まず、その前にこのアンプはパワー管がついてませんでした( ̄ω ̄;)
バイアス調整を行います。このアンプも独立バイアス方式で安心です。

R3223111[1]

さて、色々と上記の妄想を広げて実験開始していますが、なかなかうまくいかずにしばらく悩みまくりでした・・だんだん自分でもこんがらがってきた(´Д`;)

 しかーし、コーヒー飲んで、チョコレート食べて回路図にらめっこで、何とか動作しました。
上記の考え通りの動作になりましたよ。

これで拡張可能ですヒッヒッヒ( ゜o゜)

R3223113[1]

さて、それでは、キャビネットの方も追い込みましょう。
まずはスピーカーケーブルを取り付けます。ベルデンの白黒のシマヘビです。
線材類も整理しますが、後日リバーブを内蔵しますので、暫定です。

R3223115[1]

リアバッフルを取り付けます。ハンドルとコーナー金具、足も取り付けて、いい雰囲気。

R3223116[1]

フットスイッチを接続、リバーブもとりあえずはアンプの上にセットで音だし!


R3223119[1]


げっ!このG12-65ですが、想像以上にいい感じ!
ちょっとナローレンジな気がしますが、低域のブリンとした感じ、中域の粘る感じなんかとても良いです。ドライブサウンドは完全に好みのサウンドです。
フィードバックも呼びやすい感じ( ゜o゜)

 もう少しエージングして様子を見てみます。

グリル取り付け

グリルクロスを貼ります。

今回のチョイスはVOXのダイヤモンド柄です。
これは、ずれているのが目立ちやすく貼るのが大変・・・(´Д`;)

R3223095[1]

何とか貼り終えて、パイピングを施します。

R3223098[1]

最後にマジックテープをグリル側とバッフル側に取り付けて・・・・

R3223099[1]

完了です!
お~、いい雰囲気が出てきました( ̄ω ̄;)
手持ちのハンドルをつけようかと思っていましたが、少しおしゃれなハンドルを奢りましょうか・・

R3223102[1]

FuzzFace音だし

昨日作成した基板の収まりを確認します。
バッチリです。

R3223084[1]

FuzzFaceの目であるこのノブの固定は、6角のイモネジなのですが、私の手持ちのレンチはどれも合いませんでした。
締めるときに困るな・・・
今度ホームセンターで物色してきます。

R3223089[1]

LEDを取り付けますので、ちょうど顎のあたりに穴を空けます。

R3223091[1]

基板に部品を実装しました。
我ながら、ビジーな基板です。

R3223087[1]

一気に配線まで終了してしまいました。

R3223093[1]

音だし。
動いてくれ・・・
一発で正常動作、きました。(・ω・)ノ良かった。
音はというと、Gain最大でFuzzサウンドですが、8以下で使うととてもナチュラルで良質なブースターです。
高域、低域をブースト、減衰もできますので、とても使い勝手はよいです。

ここで、ワウとの相性をみてみます。
モデファイ以前もそうだったのですが、ギター→ワウ→FuzzとつないでFuzzのGainを上げると発振します。
まあ、そりゃそうだ・・この超ハイゲインですから・・

少し対策を検討し、何とか、音が変わらない範囲でモデファイ以前の状態Gain8位まではOKレベル・・まで来ました。

これ以上は厳しいか・・・(´Д`;)

R3223094[1]

配線

リレー基板回りの配線です。
この辺は少し混雑していてなかなか大変な箇所です。
基板を外して配線を行います。

R3223103[1]

フ~完了( ̄ω ̄;)

R3223104[1]

配線

フェーズインバーターの配線完了です。
ゆっくり楽しみながら配線してます。(・ω・)ノ

R3223082[1]

ハードウッド仕入れ

銘木店の友人のところへ出かけてきて、ハードウッドを仕入れてきました。

おまけが、いっぱいですごい量です。うれしいな

ブビンガ、ケヤキなど、今回面白いところではゼブラウッドも入手しました。

R3223080[1]

これだけの量だと、かなり重いです。

基板設計

基板と回路図のチェックが終了しました。

R3223083[1]

基板を切削して基板完成(・ω・)ノ

R3223075[1]

種明かしはしませんが、何名かの方は気が付いているようですWw
そうです、、、それです(`・ω・´)シャキーン

後期のJimmyのナチュラルなサウンドってそれに、かなり近いと思います。
Gainをがっつり上げるとFuzzサウンドにもなりますし。
なかなかGoodなブースター&Fuzzの予定です。

もちろんFuzz Faceの回路とは全く違ってます。
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
31位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR