FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きたー!

きた!
EagleCADというCADソフトのproffessional版
早速インストールしてFreeの解除。いや~基板の大きさの規制がないので、非常によい!
北海道弁だと「なまら、あずましい!」

R3222214[1]

で?郵便受けに箱が??
何が来た?

R3222180[1]

真空管型のチョコレートでした(笑) わざわざUSAから届きました。
コーヒーと一緒に食べてうまかった!

R3222181[1]
スポンサーサイト

フットスイッチ作成

横長ですので、底の平面出しがなかなか大変でしたが、テーブルソーの定盤を利用して平面出し。
何とか目違いを払って形が整いました。

R3222185[1]

オスモのノーマルクリア1回目です。(・ω・)ノ

R3222190[1]

フットスイッチ作成

各パーツの接着が終わり、今日は目違いをセッセと均していました(´Д`;)

ようやく形が整いました。

R3222183[1]

1回目のオスモを塗ります。

R3222188[1]

RoccaforteEffectLoop増設

Roccaforteというアンプです。
音を確認してみましたが、よく歪むアンプですねえ。Preのゲインがとても高いです。

アンプで歪ませるスタイルですので、空間系はやはりLoopが欲しくなるのですが、このアンプには付いてませんので、モデファイをしますが、まずは構想です。

R3222193[1]

後姿|゚∀。)ゝ”

R3222191[1]

中身!
とても美しい配線、6V6が4発ですので、36W位の出力ですね。
電源は5AR4の真空管整流。。で全波整流ですので、この電源トランスの大きさからすると電源容量はそれほど余裕がないでしょうね。
ですので、アンプにはインターフェースを増設して、外部にLoop用のアンプを増設するのが一番よさそうです。

R3222200[1]

貸出機メンテナンス

4本分のバイアスを独立して供給する為の回路を作成します。

R3222173[1]

部品を実装して、アンプに組み込んで、配線を行いました。
凄く混みいってきた(´Д`;)

R3222176[1]

バイアスを調整していますが、どうも、真ん中2本はNGのようです。
バイアス電流が流れてくれません。1本のみ取り付けて、それぞれのソケットで電流の確認を行ってみたので、間違いないでしょう。
早急に発注します。
ついでに、アンプ用のハードケースも注文してしまいました。|゚∀。)ゝ”

R3222178[1]

とりあえず、2本のみの18Wで動作確認で、音色は復活しました。

R3222179[1]

貸出機メンテナンス

貸出機の調子が悪いのですが、急ぎで貸し出しがありますので、メンテナンスします。

修理は完了して、バイアスを合わせてようと思ったのですが、う~む、、、このアンプは独立バイアスにしていなかった・・
パワー管を変えたら電流が揃いません。クアッドペアにするか・・独立バイアスの回路を追加するか・・・

後者でしょうね・・・明日追加することにします。

R3222171[1]

フットスイッチ

このフットスイッチは3連ですので、横長のデザインになります。
リアのコネクタのネジ穴をあけてます。これくらいドリルであけてしまおうと思って、実験したのですが、この幅だと8割方板が割れてしまいましたので、やはりスパイラルカットをするCNCが正確で割れずに良いです。

R3222142[1]

フロントの部材
OverDriveとJazz/RockとBoostが割り当てられています。

R3222144[1]

部分部分で組み立て中

R3222157[1]

乾燥待ちです。


R3222161[1]

フットスイッチ完成

図面をプリントアウトして、角度切りです。

R3222138[1]

図面通りの角度にセットしてカット|゚∀。)ゝ”

R3222139[1]

やはり、スライドソー買いなおしてよかった。このノコは角度の微調整機能が付いているので、シビアな角度がバッチリ決まります。

R3222148[1]

コネクタの取り付けネジ用の穴あけ。

R3222143[1]

う~ん、材料が小さくなってからの角度切りはやはりテーブルソーで切らないととても怖い(´Д`;)

R3222152[1]

フロントのパーツはこんな感じです。

R3222136[1]

パーツが揃ったところで、少しずつ組み立てです。

R3222160[1]

フットスイッチ作成

3連フットスイッチにします。
横幅はあるので、高さを低く、奥行きを短くしたいと思います。

R3222128[1]

部品の切り出しが大雑把に終了です。

R3222132[1]

配線図

配線図を描き始めました。
EagleCADのプロフェッショナル版、早く来ないかな~(´Д`;)

R3222135[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
1024位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
52位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。