FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

配線中

フロントパネル側にGND BARを配置し、GNDの配線を完了しました。
今週中か来週の頭にはオーダーしたトランスも上がってくると思います。

R3221575[1]

配線

GNDバーも配置したので、フロントパネルの残り分も配線完了しました。

残すはリアパネルの配線のみです。
そろそろ配線は終わりが見えてきました(´Д`;)

R3221574[1]

調整中

大分いい感じに仕上がってきています。
Hi Filter、Lo Filterがあるので、若干ブーミーなところまで追い込んでも問題なさそうです。
それにしても、1チャンネルのクリーンのみのアンプ!潔いです。
KT66の音圧が目にしみる(*゚Д゚)

R3221637[1]

 依頼主様と相談の結果、天面の両サイドにハンドルを取り付けることで決定しましたので、早速取り付けます。
位置決め中です。

R3221577[1]

穴あけを行います。

R3221578[1]

シャーシを組み込んで、ついに完成です!!

R3221629[1]

フロントにパワースイッチとスタンバイスイッチを配置して使い勝手が良いと思います。
通常のOverDriveSpecialと違って、Jazz/Rockもフットスイッチでコントロール可能です。

R3221616[1]

後姿。
6V6を4発でパワー段を構成してます。
18Wと36Wの切り替えが行えます。

R3221628[1]

今週はエージング週間です。発送前に録音もしておきたいところです(汗)

ほぼ完成!

さて、最後にシャーシをおろし、検討結果より、PresenceのPOTを入れ替えます。
ずいぶん自然になりました。
また、このアンプはJAZZ/ROCKをフットスイッチでコントロール出来るようになっているのですが、「ボツッ」と切り替えのノイズが出ますので、一度確認して対策します。

R3221562[1]

これで、アンプ本体の調子はバッチリ!
最後にバイアスを最終確認して完成です。

R3221563[1]

キャビネットのほうですが、この機会に少し気に入らなかった桟を少し手直しします。

R3221559[1]

キャビとツライチで桟をあわせました。
これで、ルックスもOK。
 ただ、ハンドルをどう取り付けようか???

R3221561[1]

フットスイッチ配線と動作確認

フットスイッチを配線します。

R3221565[1]

基板を取り付けて配線を行います。

動作を確認しましたが、目茶目茶な動き・・・
あら?図面に記載していたピン番号が違っているみたい・・・
しょうがないのでコネクタにテスターをあてて確認して、再度配線しなおします。

R3221567[1]

動作完了!
大分いい感じですよ。
あとは、もう一度シャーシをおろして、PresenceのPOTを交換したらOKです。
エージングを進めます。

R3221568[1]

配線

ようやく、POTを交換できました。

R3221554[1]

ブロックコンデンサ2個を取り付けて+B配線を行います。
チョークトランスも取り付け完了です。

R3221556[1]

配線

PresenceのPOTが来ましたので、交換して、チョークトランスを取り付けてGND BARを配置しました。
これで、殆どの部品は搭載したかな?

 もう少し、黙々と配線を続けるだけです(´Д`;)

R3221550[1]

クレイジーアンプ修理

MIDとFREQUENCYコントロールが効かないということで、修理のご依頼を受けました。
AMPEG/SVT-2PROというベースアンプです。

結構前に受けておりましたが、何せ重くて、工房の1Fから2Fに上げるのが大変だったので、ついつい伸びておりましたm(_ _)m

腰が砕けるかと思った・・・やはりウインチは必須かな・・・

R3221535[1]

ばらしてみましょう|д゚)
クレイジーですね・・・・6550が6本も入ってますよ。出力は300W位かな?
このトランス、、、この大きさ、、、なんでしょうか??
しばし、眺めて失笑です。

R3221539[1]

裏側をばらしていきます。
さすがに、全部基板ですね。これをハンドワイヤリングで組んだらこの大きさには納まらないでしょう。

R3221541[1]

そうか、面白がってないで、修理をお願いされているので仕事です(´Д`;)
プリ部の基板を取り出しましょう。

R3221544[1]

メーカーに修理依頼したら、この基板ごと入れ替えて完了なのでしょうね。
怪しい箇所を何ヵ所か見つけましたので、修理しておきます。

R3221546[1]

そんでもって、組み上げ。
これがまた一仕事、、、重いので大変です。
スピーカーに繋いでみて、MID関係のコントロールを試します。

R3221548[1]

おっ!見事に直りました。
他のコントロール関係も一応一通り確認して蓋をします。
クリーンはギターでも良い音しますね。でも持ち運び不可能ですが・・・

電源トランス発注

電源トランスの設計が完了し、発注しました。

PresenceのPOT来たのですが、間違った部品がきてしまいました。発注しなおします、、、、_| ̄|○
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
847位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
41位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR