FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配線完了、裏蓋加工

気がついたら、配線が完了していました(*゚▽゚*)ノ

R3219903[1]

さて、キャビネット側の加工をしていきます。
ハンドルと、ゴム足を取り付けます。

R3219907[1]

パネルとの干渉に気をつけて、ハンドルの位置を決めます。

R3219910[1]

失敗はゆるされないのだ!
緊張する~(゜э゜)

R3219912[1]

ゴム足を取り付け。
こっちは、ハンドルよりは気が楽。

R3219915[1]

スピーカーケーブルを作ってしまいましょう。
ケーブルはベルデンのシマヘビ。

R3219917[1]

こんな感じでケーブル取り付けて、ケーブルクランプで整理です。

R3219918[1]

さっさっ、シャーシを取り付けます。

R3219919[1]

裏蓋も閉じちゃいます。

R3219923[1]

グヘヘ

R3219930[1]

裏蓋が全く閉じている状態なので、位置が決まったところで、オーバルホールと、BOOSTのコントロール用の穴をあけます。

OverDriveSpecialの背面パネルがちょうど良い大きさのジグがありましたので、利用します。

R3219942[1]

あきました。

R3219944[1]

次はBoostのコントロール用の穴ですが、場所はこの辺です。

R3219947[1]

ジグを作ろうと思いましたが、CNCにのせることができましたので、直接加工します。

R3219950[1]

あきました(*゚▽゚*)ノ

R3219951[1]

後ほど、仕上げのヤスリがけをして、OSMOで仕上げます。

スポンサーサイト

基板入れ替え、音出し

昨日までの状態です。
リレー(黒い四角い部品)が3つでしょ?

R3219897[1]

これが、今回入れ替える基板です。
リレーが4つになって、ゴージャスになってます。
これは、チャンネル切り替えで選ばれていないチャンネルの入力をGNDに落とす為に使ってます。

R3219898[1]

入れ替え最中!
大変です・・・話しかけないで!

R3219899[1]

何とか入れ替え完了!
動作確認を行った私にとてつもない不幸が襲いました・・・・・
なんと、このリレー12V用だった・・・・_| ̄|○

泣きながらリレーを5V用に取り替えました。基板の入れ替えよりも大変だった・・・・(泣)


R3219901[1]


苦戦しましたが、何とか動作もOKで、見事に発振はなくなりました。
昨日の問題点もやっつけて、改めて、弾いてみると、まだ問題が残っています。

1、JAZZ MODEでBOOSTになってしまう。

2、リバーブがパワーオンしてからしばらくしないとかからない・・・
スタンバイで待っているとすぐにかかるのですが・・・

問題点は来週に持ち越しですが、久しぶりのスプリングリバーブの気持ちいいこと!
今回はMIX回路でリバーブ量を可変できるので、OverDriveSpecialの太い音も犠牲になることなくスプリングリバーブが楽しめます。

 しみじみ弾いてみると、スプリングリバーブって、強く弾くとリバーブがディープにかかり、弱く弾くと殆どかからない・・・という感じなんですね。

う~ん、癖になりそう!

RobbenFordModelモデファイ完了

ミリサイズのロングシャフトのポッドが届きました。(早っ!)

R3219955[1]

サーキットを外していきましょう!( ゜o゜)

R3219953[1]

中身はこんな感じです。

R3219954[1]

まずはミニスイッチの前加工を行って・・・
とても複雑な配線なんです・・・

R3219959[1]

格闘の末、完成しました。

R3219960[1]

弦を張替え音だしテスト!OKです。
もともとVOLUMEが後ろ側、トーンが前だったので、レスポールと同様に配置しなおしてます。
基本的にはレスポールと全く一緒なのですが、ミニスイッチを下側にすると、トーンとボリュームの回路がバイパスされます。


R3219964[1]

なので、ある程度音量とか、トーンを設定しておき、ソロでミニスイッチの切り替えで全開・・・
という事もできるわけです。( ゜o゜)

この回路を入れてみると判るのですが、ボリューム、トーンを全開にした状態で、更にミニスイッチで回路をバイパスすると、音が抜けます(*゚▽゚*)ノ

なので、通常の回路、全開でもやはりロスしているということが良くわかるようになるのです。

R3219961[1]

スプールストップ、セミホロー構造の独特のサウンドが魅力的です。
Dumbleにつなぐと、Robben Fordの教則ビデオでのRobben Modelの音がします(*゚▽゚*)ノ

いろいろ、不足していたパーツがあり、お時間がかかってすいません。
後ほど発送いたします。
今回はありがとうございました。m(_ _)m
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
1410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
66位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。