FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

ヘッドキャビネット製作開始

配線も一段落したので、キャビネットの方に取り掛かります。

まずは、縦引きです。

R3220261[1]

設計通りに横引きを行います。

R3220262[1]

寸法の確認をして、ダブテールの準備です。

R3220275[1]

ダブテール加工が終了。
掃除が大変です。( ゜o゜)

R3220277[1]

仮組みを行っているところです。

R3220276[1]

接着剤をつけて本組み立てを行います。
直角を確認して、クランピング。
週末寝かせておきましょう。

R3220278[1]

配線

配線を進めました。
気がつくと、ほぼ終了になりました。

R3220258[1]

ヘッドキャビネットもそろそろ手をつけなくては・・・

バッファインストール完了、測定

部品の実装が終わり配線を行いました。

R3220250[1]

測定ベンチで、波形、電流、レベルなどをチェックします。

R3220252[1]

実際にアンプに接続して、異常なし!
本日発送いたします。ご依頼ありがとうございました。m(_ _)m

R3220253[1]

ErnieBallJR

オークションで販売しておりましたErnieBallJRのご購入ありがとうございました。
新品を下ろします。

R3220242[1]

バッファを入れる準備で、DCジャック取り付けます。

R3220243[1]

バッファ用基板を作成しました。
部品実装は明日になります。

R3220245[1]

福島へ合宿に!

かれこれ3年位合宿に使わせていただいてます福島県の二本松にあるインセントエイジさんに今年も行ってきました。

連絡をして、被災の話をしてますと、二本松は原発は殆ど影響ないのですが、風評被害で、合宿のキャンセルが多いそうです。
我々は同じ東北ですし、毎年お世話に合っているので、今年もお世話になることにしました。


毎年、チェックイン前に昼飯を取っているレストランに今年も来ました。
内装が少しひび割れたりしたそうです。

R3220203[1]

昨年と同じメニューと思いますが、これが旨い!

R3220204[1]

銘木店を営む友人は、こんなものも注文してました(*゚▽゚*)ノ

R3220205[1]

ここがイノセントエイジさん。
店主さんがエイジさん?と思ってなぞでしたが・・・

R3220213[1]

こちらがスタジオです。
24時間大音量OKです(*゚▽゚*)ノ

R3220210[1]

今回は荷物を減らす為にも、オリジナルPreAMPを持っていきました。
スタジオにあったJCM2000とJC120の両方とも接続してみましたが、どちらでもいいダンブルサウンドが出ました。

R3220211[1]

イノセントエイジの夕食です。
旨いハンバーグでした!

R3220212[1]

帰りは、マーシャル風味のOverDriveSpecialのご依頼人とお会いし、談義をしてきました。
また、お勧めのラーメン屋でシナそばを頂きましたが、これまた旨い!


R3220214[1]

R3220216[1]

なんか、こうしてみると、食ってばかりいたような感じですが、まじめに練習もしてきました|д゚)

配線

昨日までとはうって変わって、今日は秋のように涼しいです。
気持ち良い日でした。
配線はポッド関係を終えました。

R3220180[1]

ヘッドキャビネット仕上げ

アキュトロニクスのスプリングリバーブユニットを仕込みます。
ヘッドなので、それほど影響で無いと思うのですが、気持ち・・・振動を抑える為、ゴムマウントにしましょう。

R3220120[1]

一旦シャーシを合体させますので、昨日作成したジグを用いて、シャーシ固定用の穴をあけます。

R3220127[1]

ドライバーが入らないので、こんなアダプターで取り付けです。( ゜o゜)

R3220121[1]

Oh!
素敵!!

R3220132[1]

思わず後姿も・・・(*゚▽゚*)ノ

R3220131[1]

さて、グリルネットを貼ります。
先日作成したグリル用の木材に張っていきます。

R3220135[1]

パイピングを施す前にあてがってみます。(゜э゜)
ハンドルも取り付けました。残念ですが、シャーシは一旦お別れです(T▽T)

R3220137[1]

パイピングを施しました。

R3220138[1]

グリル取り付け。よしっ!

R3220158[1]

後ろ、よしっ!!

R3220152[1]

グリルネット取り付け

ヘッドキャビネットの仕上げに入ります。

フロントグリルを取り付けましょう(・ω・)ノ
トーレックスに埃が付いてきました・・・最後にクリーニングしますが、ご勘弁(^^;)

R3220162[1]

グリルクロスをカットします。

R3220164[1]

グリルネットを張ったら、パイピングを施します。

R3220165[1]

取り付けて、ヘッドキャビネットは完成となります。(*゚▽゚*)ノ
アンプの動作確認がバッチリ決まったら合体となりますので、それまで待っててチョンマゲ( ゜o゜)

R3220171[1]

キャビネット作成

フロントグリル用の木材をカットします。
今回はパイピングありですので、その分も考慮します。

こんな感じでカットしたら、塗装ブースへ持っていって、黒く塗装します。

R3220114[1]

シャーシの外形と穴を写し取ったジグを作成します。
後ほど、このジグを使用して、キャビネットに穴をあけますので、ズレは許されません(・ω・)ノ


R3220116[1]

シャーシと合わせて穴位置、外形があっていることを確認します。
こんな感じでしょう。

リバーブタンクは先につけなくてはならなさそうです。・・・・結構ギリだった。。(^^;)

R3220117[1]

追い込み

夏休みにVanzandt FreakさんとTargieさんが来日しそうです。(*゚▽゚*)ノ
エージングをしておかなければならないのと、少し、気になっていることがあるので、検討します。

R3220109[1]

まずは、Booster回路のノイズです。
これは、思うところがあって、電源を見直しました。大分改善です(*゚▽゚*)ノ

次に、どうやらVanzandt Freakさんと話をしていると、このアンプのゲインは、高そうです。(ストラトでGAIN2で歪んでました。)
また、EQの効きも少し疑問なところがあって、色々と検討します。
勝手に、この抵抗は無いだろう!と思って、未実装にしていた部分があったのですが、そこでもゲインが大きくなっていました。なるほど・・・( ゜o゜)

 ゲインとEQのところは結構関係がありました。3箇所修正しましたが、ストラトでGAIN3~3.5位まではクリーンになりました。
もちろんフルテンでギター側のボリュームを絞るとクリーンまでOKです。なかなかGOODです。

EQの効きも癖はあるものの、良い感じになりました。

BOOSTERも凄く太くBOOSTしてくれて良い感じ!

この状態でお待ちしてま~す!

R3220111[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
686位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
28位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR