FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

建前

昨日、大工さんが、建前用に神様?をかけていきました。

R3216528[1]

プレカットした材料を大工さんたちが手際よく、組み上げていきます。
プレカットした材料には番地が書いてあって、その番地に次々に材料が組み上げられていきます。
ものすごく、効率的だと思います。

R3216542[1]

2階部分にかかると、クレーンが材料を持ち上げていきます。

R3216546[1]

2階の床が敷き詰められていきます。

R3216551[1]

あっという間に屋根まで骨組みが出来ました。
本当に早い!

R3216554[1]

さて、いままで使っていた工房なのですが、これは確認申請のときに位置がまずいそうなので、場所を変更します。

R3216558[1]

クレーンで吊るし上げて、

R3216561[1]

こんな感じになってしまいました。
ですので、大きな木工系の作業は1週間程度の間出来なくなりますので、少々お待ちください。

R3216564[1]

WAH/VOLUMEの切り替えスイッチ、ブースター

この場所にスイッチを取り付けました。
このスイッチでワウとボリュームペダルの切り替えを行います。
また、横に2色LEDがあり、どちらのモードになっているのかを示します。

R3216533[1]

まずは、ワウとボリュームペダルの動作確認を行い、正常に動いていることを確認しました。
続いてブースターです。ブースターはワウのモード、ボリュームペダルのモードのどちらでも効く仕様になっています。
ブースターの基板は、この場所に取り付けます。

R3216553[1]

基礎工事

基礎のコンクリートの上に木材を渡して行きます。

R3216518[1]

この作業は組み手のオンパレードでした。
あらかじめ加工してきたようですが、3種類くらいの組み手が使われていました。

R3216517[1]

こんなのや

R3216519[1]

こんなのです。

R3216520[1]

木材もグルッと一周しました。

ピンコロも位置が出たようで、ビニールシートをかぶせて、砂を入れていました。

R3216524[1]

パネル製作(塗装)

パネルの塗装を行います。

R3216516[1]

3度塗り後の感じは、こんな具合です。

R3216523[1]

基礎工事(ピンコロ)

工房の周りはコンクリートで囲まれ、柱を留めるためのネジがところどころに出ている状態です。

R3216513[1]

内側はピンコロと呼ばれる石を敷いていきます。
これも高さを一つ一つ測定してモルタルを詰めていました。

この高さを測定するときの基準ですが、コンクリートを入れる前に大工さんが来て、建物の外側に一周板を這わせているのですが、それが全ての基準となっているようです。
なので、この板から糸を引っ張って来ると地面からの基準の高さが出ているというわけらしいです。

確かに糸を何箇所か交差している場所を見たのですが、見事に隙間無く、糸が交わっていました。(さすがプロの仕事だ・・・)

R3216515[1]

パネル製作

シャーシのフロント側です。
シャーシには追加する穴を空けます。

R3216505[1]

穴あけ完了
鉄なので、結構しんどいです。

R3216506[1]

リア側も同様に追加の穴を加工します。


R3216508[1]

こんな感じになります。

R3216510[1]

次に、昨日切り出したパネル用のアルミ材にシャーシと合わせた穴をあけていきます。

R3216511[1]

Fenderの場合、シャーシが広くて、さすがにA3のプリンターでも、印刷しきれませんので、プリントアウトしたものを2枚張り合わせて型紙にします。

R3216512[1]

バリ取りというか、全体にサンドペーパーをかけます。

音質改善中

SOUL BREAKERの音質の不満を改善するべく、色々と弄り回しています。
現状の音をアップしておきます。

バッキングはテレキャスター(バッカス製)のセンターでA級モード、リードは72年製の335で1分20秒くらいからゲインを上げました。

ブースト回路

ワウとボリュームペダルのモードのどちらにも効くブースト回路を作成します。

R3216499[1]

場所がそれほどありませんので、出来るだけ小型に作成しますので、あまり凝った回路は構成できませんので、1石でブーストする回路を検討して、作成しました。

R3216501[1]

パネル切り出し

シャーシの大きさを測って、アルミの板からパネルを切り出します。

R3216495[1]

こんな感じです。

R3216496[1]

基礎工事(コンクリート2,3回目)

3回目のミキサー車です。

R3216481[1]

土台用にコンクリートを入れて、墨だしをして、2回目で、土台となるコンクリートを入れたところです。

R3216484[1]

土曜日に乾燥させて、今週は土日返上で仕事をしていただきました。m(_ _)m

更に、建物の下側となるコンクリートの部分に型を取り付け、コンクリートを流し込みました。
大体壁の位置が見えてきて、中に入ると、工房の大きさを実感できるようになりました。

R3216493[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 3031
- - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
700位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
34位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR