FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

シルク印刷3回目

リアパネルの印刷です。
残り1回で印刷は完了です。

R3215892[1]

まずまずの仕上がりです。
また、インク乾燥待ちです。

R3215893[1]

図面確認と残部品取り付け

仕様を変更して1トーンをやめ2トーンにしたため、再度図面の確認を行いました。
それと、A級・AB切り替えのスイッチも届いたので、スイッチを理解して、図面に反映します。
かなり、煩雑な接続になる予想・・・

R3215896[1]

前回不足していた部品も届いたので、取り付けます。

R3215890[1]

フットスイッチ作成

SOUL BREAKER用と、OVER DRIVE SPECIAL用のサイドウッド仕様のフットスイッチを作成します。

印刷用の治具を作って、固定して、シルク印刷して行きます。
以前に、泣きたくなるくらい失敗が続いたおかげで、最近は失敗する気がしません。 |゚∀。)ゝ”
やはり、経験なんですね・・

R3215884[1]

シルク印刷は、同じものを印刷するのが得意ですので、出来るだけ多くの印刷を一気にやっつけてしまいたいのですが、そんな大量に作成するものがないので、困りどこです。
今回は5個作成して、とっておくようにします。

R3215885[1]

手前3個がSOUL BREAKER用、奥がOVER DRIVE SPECIAL用のフットスイッチです。
塗料の乾燥待ちです。

パネルのシルク印刷2回目

お盆前からフロントパネルが半分で終わっておりましたが、残りも印刷してしまおうと思って、よく見ると、穴と印刷が重なっている箇所を発見し、結局、版下を作成しなおしました。

フロントパネルの残り半分の印刷を終えました。(ホッ・・)

R3215882[1]

なかなか、いい感じです。(^^;)

R3215883[1]

シャーシ加工と塗装

真空管ソケット用の穴をあけて行きます。細かな穴は現物あわせで、その場であけようと・・・・(^^;)

R3215875[1]

当初、塗装を行ってからシルク印刷をして、最後に加工してみる予定でしたが、やはりだめでした。
加工の熱で塗料が溶け出してしまいましたので、もう一度、塗装を剥がし、塗装を行います。(T▽T)

R3215877[1]

プライマーを吹いてから

R3215879[1]

黒を吹いてゆきます。

仕様変更とシャーシ加工

お盆で休んでいる間、色々考えたのですが、相当検討した1ボリューム仕様をボツにすることにしました。
おそらく、キャラクターが変わるくらいの変化があるコントロールだと思うので、COLORというコントロールに命名し、TrebleとBassを追加することにしました。

図面も変更し、シルク印刷を行ったのですが、塗装を剥がして、穴あけを行います。

R3215855[1]

フロントとリアパネル、大きめの部品用の穴をあけました。

R3215858[1]

リベンジのシルク印刷

前回、3日くらいかけてシルク印刷に失敗し、反省をしました(/ω\)
それぞれの失敗の原因を考えて、今回はその原因を排除するように印刷にのぞみます (`・ω・´)シャキーン

この印刷も4回にわけて行います。

こんなふうにできました!

R3215752[1]

一安心してしみじみ眺めていたら・・・
な~んと、上下反対ではないか・・・・orz

気を取り直して、リトライします・・・
幸い、この天気で、塗装の乾きも超速攻ですし。

R3215764[1]

寄ってみてると・・・
合格点です。

R3215760[1]

うん、こんどは成功率100%です。(本日3回トライして印刷ミスはゼロでしたから)
しばらく、シルク印刷の日々が続きそうです。

R3215759[1]

工房も大分エアコンが効いてきたのですが、それでも36℃か・・・昼入った時、45℃を表示していて、壊れたかな?と思いました(-A-)

シルク印刷

依頼主様とシルク印刷のデザインを決めまして、印刷用の材料も届きましたので、リベンジをかねて印刷再開します。
4回にわけて印刷することにしました。(無理はイカン・・・)

R3215757[1]

こんな感じです。

R3215758[1]

近くで見ても、ご覧の通り (`・ω・´)シャキーン
漢字がかっこいい・・・

ベース修理&モデファイ・・・

昨日バンド練習をしていたのですが、ベースがどうもガリっているようで、「修理するから、預かる」ということで、連れてきました。
 ピックガードを外して使ってます。この仕様だったら、フレットも抜きたくなりますね。。。でも、抜くとチョッパー出来なくなるので、困ります(^^;)

R3215743[1]

ガリの様子を見ようとあけたところ。
あらら?ジャックってホット側しか接続していないんだ・・・そうか、プレートがGND代わりということね。

R3215744[1]

でも、こんなに、粉噴いてたら、GNDが取れませんね・・・

R3215747[1]

うーん、見ているうちに、コンデンサの安っぽさ、線材の安っぽさが気になりだしてしまい、気がついたらモデファイをしておりました。
 コンデンサはトロピカルフィッシュを奢りました。ワイヤーは50年代のWestern Erectric製、本当は、ピックアップの線も交換したかったけど、ピックアップをばらすことになって、厄介なのでここはそのままです。ジャックは2端子型なので、がっちりとくいつきます。GNDも強化しておいたよ。

R3215748[1]

フットスイッチ作成

フットスイッチですが、ハードウッド仕様もあるのですが、今回は、前回作成したオーバードライブスペシャルプリアンプのような、サイドウッドを装したフットスイッチを作成しようと思います。
 元になるケースが届きました。

R3215741[1]

この暑さのせいで、塗装ははかどります。一瞬で塗装が乾いてしまう(^^;)
塗装が終了しました。

R3215749[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
890位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
45位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR