FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

また、どこかで見たような・・・

どこかで見たような写真で申し訳ないのですが・・エフェクトループ取り付け実験も何とかうまく行き、それを回路図と配線図に反映します。
現状は、こんな感じで配線図を描いているところです 
お茶が渋いな・・

R0025092[1]

アンプ取り付け位置変更

プレートの塗装が終了したので、取り付けます。
取り付けてみると・・・何ということでしょう1cm程度はみ出るではありませんか 

R0025080[1]

するとどうでしょう?プレートを駆り固定し、新たにキャビネットに穴をあけ始めました。

R0025081[1]

グリグリ・・・

R0025084[1]

なんということでしょう、ようやく出っ張っていたプレートが中に納まったではありませんか!

ミニスイッチの取っ手が出っ張り過ぎないようにアンプ本体を内側に入れるのですが、ネオジのスピーカーで、アンプ本体が鉄で出来ているので、強力にスピーカーに引き寄せられます・・・
 ですので、完全にはミニスイッチが隠れるくらいまでは入りませんが、当初よりは良いと思います。

R0025085[1]

作業開始です

S様から、V847のモデファイのご依頼を頂き、到着しました。

R0025088[1]

結構、気合が入っています。

R0025089[1]

まずは、ガリや、他に不具合が無いかを確認します。

R0025090[1]

どうも、ペダルがグラついているようです。
見てみると、シャフトの入りが甘いようなので、要修正です。
筐体に穴をあけるので、とりあえず、全バラです。

 この時点で一度、綺麗にスポンジがけして、出来るだけ磨いておきました。

R0025091[1]

配膳図、詳細設計何とか終了

結構悩んだ箇所が1つありました。
本体のミニスイッチと外部のラッチスイッチでオーバードライブとブーストを切り替えてインジケーターを点けるのですが、外部の時の検出が難しかった・・・

 リレーのコイルに電流が流れた事を検出すれば確実なんですが、コイル部分には抵抗を入れることは出来ないし・・・
アレコレ悩んで、ようやく閃きました。 

こんな感じで、実寸で部品を描いて、それぞれをどのように繋いでいくかを図面にしてゆきます。
プリントアウトして、回路図と対応する部分を塗りつぶして行き、最終的に回路図と配線図が過不足なく塗りつぶせれば完成!ということで、頭の中では既に音が鳴っているわけです。 

そろそろ、部品発注です。

R0025036[1]

キャメラ

今まで、基板や、細かな物を、芸術的にではなくて、正確に写したい用途にはリコーのGR-Dを使い続けていました。
かれこれ5年近く使ってグリップなんかも汚くなってしまっているのですが、この間、作業台から落としたときから、なかなか立ち上がらなくなってしまいました。 

 何か他のやつを買わなくてはならないと思っていたのですが、色々見ていても、やはりレンズがくっつくほど寄ってもマクロで撮れるというのと、短焦点なので、レンズの歪みが無い、小型でポケットに入れておける。という点では、やはりこの機種をおいて他に無いようなので、同機種の最新型であるGR-D3をオークションでGetしてしまいました。 

 レンズが明るくなった為?か、カメラ任せではちょっととび気味かな?と感じますので、少し下げたほうがいいのかな?
その他は、操作性(この操作性がおじさんには抜群なんです)も、今まで通りだし、即戦力です。
これからのブログとホームページ作成には、このカメラが活躍してくれるでしょう。
ああ、それと、デザインが殆ど同じなのでカミサンに「買ったでしょ?」と突っ込まれないのも大事なポイントです。

 でも、不思議なもので、入札してからGR-Dの方の立ち上がる頻度が増えたような気がします。

P5312056[1]

定数変更

昨日の問題点3つに対して、色々と検討して定数を見直しました。

この辺と

R0025016[1]

この辺です。(笑)
やはりRETURN側のインピーダンスのマッチングが原因でしたね。

R0025017[1]

これで大丈夫!バッチリ決まってハイ落ちもなくなりHPFもある程度効いています(元々アクティブフィルターが入れれるほど部品が無いので、それほど効かないのですが、、、、)

SENDのレベルもちょうど良い感じになりました。

R0025018[1]

また組みなおします。(プリ管が4本に増えました・・)
ついでに。。。TCのM350をポチッとしてしまいました 

ええと、ODSのプリアンプとODSの方は進捗が無いわけでは無く、今は設計段階なので、なかなか写真に取れるようなものが無いのですが、本日、両方とも電源の仕様を出しオーダーしました。 

パネル製作中

昨日プライマーを吹いていたので、2000番で水とぎをして、ホワイトをのせます。

うーん写真的にはあまりかわりばえしないのですが、進んでます(汗)

R0025014[1]

ODS Effect Loop回路残りの配線と音出し

最後の配線に移る前に、やっつけ的なプレートにノブをつけて、手書きで(これまた、やっつけ臭プンプン・・・)コントロール名を入れました。

R0025001[1]

後で分からなくならないように表示を入れておきます。(これまた・・・orz)

R0025006[1]

R0025003[1]

配線をすべて完了!(したつもり・・・)

さてと、スピーカーキャビネットがある部屋へ移します。
何か、テキトーなエフェクターは無いかなと、物色していたら、SONY製のGP5(!懐かしい)というハーフラックが出てきましたので、これでテストしよう!と思って電源入れたら、電源入らず・・・・orz

どーすんべ・・・他には、ギター入力レベルのエフェクターしかないので、うーーん、ラックの裏側もぐるしかない・・・

R0025010[1]

これは、嫌になるなあ・・・もう元に戻る気がしない
でもディレイのケーブル外しちゃった・・・orz

R0025013[1]

さーて、電源を入れるか。。。と思いきや、すでにラックと格闘している間に電源入ってしまっているし・・
お尻の辺りに裸で置いていたので、しりもちついたら、尻から感電するところだった・・・
というわけで、ムーディーに電源投入を味わう暇も無く、とりあえず、煙は吹いていなさそうです。

R0025012[1]

アンプリアにケーブルを装着。
これは、思った以上にかっこいいな。2本増えただけなんだけど、フル装備って感じ!
オプションって、全部埋まると気分良いですね。

うん?ディレイのシグナルが点きっぱなし・・・嫌な予感
ああ、あるレベルのノイズが出っぱなしということは、GND浮いているな・・・
スタンバイONの前に気が付いて修正して音だし。

ディレイ音出てくれ・・・れ・・・れ・・・れ・・れ・(ディレイの感じです
おおお!出ている出ている
しかも、かなりいい音してるなこれ!
MIXはかなり使える。やはり少しだけディレイ音混ぜたほうがいい感じ。
しかも、真空管が2段増えた為か、ループを通すとすごくフィードバックが来て、ものすごくカールトンっぽい感じです。
しばし、弾きじゃくり・・・泣ける・・・酔える

うーん、それでは、少し冷静に評価すると、3点ほど問題がありました。

1、ループ回路に若干ハイ落ちがある。これは、エフェクター通さず、シールドケーブルでバイパスしてバイパススイッチを切り替えても、やはり1弦の感じが違ってますねえ・・・なんだろ?入力インピーダンス低すぎたかな?

2、それと、HPFがシミュレーションと違ってあまり、効いてないな・・・

3、また、意外とSENDレベルは高くても良い感じ、かなりMASTERボリューム上げても、この定数だと、シグナルレベルがそれほど振れない。

今後の課題ですね。

うーん、それにしても、エフェクトループがこれほど使えるものだとは・・・
このODS専用で購入してしまうか・・・
1Uとキャビネットのサイズを合わせてみてみると、なんとぴったり!
裏側に埋めるか・・・(笑)

プレート作成

依頼者様から、色は任せるよ~と連絡があったので、プレートの塗装を行います。

まずは、下地をサンドペーパーで荒らしておきます。

R0024998[1]

そんでもって、プライマー吹きつけ・・

R0024999[1]

っつーか、乾燥を待ちますので、今日はこれだけでした・・・

エフェクトループ配線

昨日色々と考えたのですが、スイッチが1つ無ければ、Effect Loopを使用しないときにEffect Loop回路がバイパスしないことに気が付きました(今更ですが・・・)

この辺にスイッチが必要と見た!

R0024983[1]

こんな感じです。このODSは、カールトンのODSと同様にパワーアンプが18Wと36Wの切り替え式になっているため、リアパネルは結構混雑してきてますので、空きの穴など無いんです・・・

R0024984[1]

さてと、次にHPF用のコンデンサ切り替えのロータリースイッチを作ります。
結構コンデンサが大きいので、苦労しましたが、何とか半田付け終了。

R0024986[1]

Effect Control用のパネルは今のところこんな感じです。
やっつけ的に曲げたアルミが気になってしょうがなかったので、切り取りましたが、無理な体勢だったので、これまた汚い・・・(益々やっつけ感が・・)

R0024997[1]

Effect Loop用の基板周り・・・当初電源のデカップは要らないや、位に考えていたのですが、配線している時に気になり始めて、空いた隙間にデカップコンデンサも入れ込んでしまいました。
それほどスペースが無いので、大きな容量は無理ですが、無いよりはマシでしょう。

R0024993[1]

ソケット周りの配線も大方終了です。・・・大分混み入ってきました。

R0024994[1]

プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
700位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
34位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR