FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

完成した・・・

一度基板を確認して、配線をはずしていきます。

R3223244[1]

バッファ基板を追加して配線を行います。

R3223247[1]

測定と調整を行います。

R3223245[1]

GNDを裏蓋と接続して完成です。

R3223248[1]

400gとボリュームペダルでは最軽量。しかも音質劣化は無し!
ようやく完成しました。
ありがとうございましたm(_ _)m

R3223249[1]

DCジャック部

このペダルは2IN2OUTのステレオ仕様なのですが、1系統はつぶし、DCジャックを取り付けます。

1つジャックは取り外し、基板をカットしなくてはならないかな?と思いましが、大丈夫みたいです。

R3223236[1]

基板作成

設計が完了しましたので、基板を切削します。

R3223227[1]

部品を実装して、取り付け位置に置いて確認します。
どうやら大丈夫そう(・ω・)ノ

R3223231[1]

Boss FV-50モデファイ

軽量で小型のFV-50にバッファをインストールしてほしいというご依頼をいただきました。
ありがとうございます。m(_ _)m

新品を購入してみました。

R3223208[1]

モデファイ前に確認してみますが、フルボリュームで若干音が小さくなります・・・あら( ゜o゜)

まずは上記の症状を解決しましょう。。。
このPOTのインピーダンスは250kを使用しています。デフォルトで抵抗値とペダルの位置を測定してみると、MINIMUMにしたときは殆ど0オームですが、max側が220k程度までしかあがりません。
 つまり、30k程度上に残っていることになります。。。。( ゜o゜)

ちなみにEarnieBallは殆どフルスイングしてきっちりPOTを使えています(・ω・)ノ

POTを回す構造はこんな構造です。なんていうのだろう?車のエンジンのカムシャフトのような感じ・・

R3223209[1]

とりあえず、ストロークを稼ぐ必要があります。
このPOTを回すカムの部品を作り直そうにも、結構POTととのクリアランスがギリギリです・・・


R3223221[1]

ペダルをばらしてみて・・・前側のストッパーが少し大きくできていますので、ここを削りましょう(・ω・)ノ

R3223225[1]

荒治療ですが・・・
このストロークを稼いだのと、POTとカムの取り付けの調整を行って、ほとんどギリギリで下は0Ωから、上は256kΩ位まで上げることができました。
ようやっと、フルストローク使える状態になりました。ヤレヤレ

さてと、バッファ基板の設計です。

R3223226[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
755位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
35位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR