FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

音源

R3218495[1]

先日、県内在住のギタリストさんが遊びに来たときにデモ演してもらいましたので、アップします。
ありがとうございます。いや~、どうしようかと悩んでおりましたので助かりました(/ω\)
ギターはストラト、パワーアンプはピーターソンを使用してます。

これはOverDriveに入れっぱなしで、ギター側のVolumeで調整して弾いておりました。
彼の演奏はすばらしく、音も良いのですが、やはり、この工房で録ると音が割れて録れます_| ̄|○



また、今回のアンプの特徴の一つとして、MIDDLEをACTIVE MIDDLE回路にしており、通常のアンプより効き幅が大きく、また、TREBLEも利き幅があり、絞るとBASSが効いてくるような回路になっているので、音色の変化が大きいです。
彼が弾いている横で私がEQを色々と弄っています。
途中ワウをちょっと入れています。

インプット1,2音色調整

さてさて、そろそろ終わりが見えてきているのですが、インプット1と2で音色がそれほど変わらないので、差別化をしました。

サンプルの録音をしなければ・・・

R3218859[1]

音質調整

EQの定数を見直しBASSも効くようになりました。
マーシャルオリジナルの値からは、離れてしまいました・・・

EQが効くようになり、(TrebleとMiddleは特に凄く効きます・・・)今度は通常の音質とOverDriveを入れたときの音質の差が気になります。
 OverDriveにすると音が太く、少しブーミーになってきましたので、OverDrive回路のF特をいじりだします・・・これをやりだすと長くなるんですよ・・・・
 一応テレキャスターとセミアコで、調整し、納得のレベルになりましたd(゚∀゚*)

R3218539[1]

そろそろ、録音を行い、完成間近です・・・(録音がいつも大変・・)

BASSの効き具合

BASSの効きが悪い件を検討します。
今回通常のEQとは違い、MIDDLEをActive Middleという私のオリジナルの回路を入れています。
そのため、BASSの周波数が食われているのか?と疑い、一旦ActiveMiddleの回路を通常の回路に戻します。

う~ん、それでも、やはり効きが悪いですね・・・
ということで、定数をとっかえひっかえして、ようやく良いポイントを探しました。

本日は、車のガソリンを入れに行き相当時間を食ってしまいましたので、進捗はそれほどありませんでした。
ガソリンスタンドも先週よりは落ち着いてきたようです(それでも1時間待ちでしたが・・・)

R3218538[1]

キャビネット作成

ロゴなのですが、本当は購入して同梱して依頼者様に貼ってもらうのが良いのかな??なんて考えていたのですが、この震災で、購入もしばらく出来なさそうなので、CADで作成してみることにしました。

スプライン曲線は、はじめて使用しましたが、コツが掴めるとなかなか便利(・ω・)ノ
1mmのアクリル板をセットして試しに作成・・・

R3218476[1]

両面テープを裏側から貼って・・

R3218482[1]

デザインカッターを持っていないので、意外と大変だった両面テープの輪郭をカッターで落としてゆく作業・・・

R3218484[1]

仮置き・・・(あくまでも・・・)
パイピングは構想では金色にしようと思っておりましたが、依頼者様とご相談して、部材がいつになったら購入できるかわからないので、手持ちの白のパイピングを使用します。

R3218487[1]

あっ!やばい!
とても可愛いかも!しつこいですが、ロゴは仮置き(汗)

R3218488[1]

ピーターソンで鳴らしてみます。
おおお!可愛いWwでも音はロックだ!イェ~イ
本体の上にフットスイッチを乗っけていますが、このスイッチでブーストのON/OFFができます。

思い出した、やはりBassの効きが悪いです・・・もう少し内部を見直しましょう
ロゴは仮置きです(汗)

R3218503[1]

ええと、ロゴは。。。

R3218495[1]

後ろ姿も可愛い!

R3218499[1]

キャビネット作成

中身も大分煮詰まってきましたので、キャビネットに入れます。
以前に作成しておいたキャビ穴の位置だし治具です。

R3218430[1]

治具を使用して穴をあけて、キャビネットにシャーシを固定します。
ゴム足も取り付け完了。このゴム足はネジで取り外し可能ですので、エフェクトケースに入れて持ち運ぶときは取り外し可能です。

R3218431[1]

フロントとリアのカバーを受ける受け木を取り付けます。

R3218433[1]

フロント側の取り付けの様子です。

R3218432[1]

完了です(・ω・)ノ
リア側はこんな感じです。
リアの2つのノブはブースター用のノブです。OverDriveSpecialのLevelとRatioに相当します。

R3218438[1]

フロントはこんな感じですが、この隙間は後でパイピングを施すための隙間になっております。
う~ん、いい感じ!

R3218437[1]

不具合対策

色々不具合があるのですが、まずはVOLUMEⅠ側の効きがおかしい。
MAXで固定されてしまったり、ガリったり・・・
 これは、ボリュームを交換して直りました。

R3218379[1]

時間がかかるのが、発振です。orz・・・・

まずは、ポーバードライブ段の対策です。
これは、Over Drive Specialで大分慣れましたので、対策箇所のツボは抑えております。|゚∀。)ゝ”

次ぎはこのアンプ特有の初段です。
なかなか手こずりましたが、最終的にはすっかりよくなりました。
これで、MAX VOLUME+MAX OverDriveでも正常です。(*゚ ー ゚*)
 すごい音圧で、ピーターソンのジャックなどから、空気がボフッボフッと出てきます(^^;)

写真は、ノイズ対策中の様子です。(^^;)

R3218380[1]

これで、大分良くなりましたが、まだ、おかしいのが、BASSの効き方です。
マーシャルってEQの効きが悪いって聞いたことがありますが、こんなもんかな?
MIDDLEはオリジナルのACTIVE MIDDLE回路にしたので、中抜けした音から、中域が詰まったような音まで、リニアに変化します。これ、ボーカル物のバッキングから、ソロまで、いけます。

 それと、ⅠとⅡのキャラクターをもう少し変えたほうが面白いかもしれません。

音だし

昨日作成したリレー基板を組み込み、プリアンプアウトまで、信号が出ていることが確認されましたので、イソイソとピーターソンをパワーアンプとしてデバッグします。(ワクワク)

おおお~
すごい、ヘビーな音質。しかしなかなか使いやすい音質です。しばらく弾きこんでしまいます。
楽しい(*゚ ー ゚*)

マーシャルのオリジナルには無い、オーバードライブを入れるとこれまたGOOD!

R3218362[1]

しかし、喜んでばかりはおられず、不具合が結構あります。
一つずつやっつけていかなければ・・・

いつもながら、発振が結構厄介そうな予感・・・・

火入れ式

先週配線が完了しましたので、まずは、配線忘れなどがないか落ち着いて確認して、電源を入れてみます。

おっ!特に爆発や、ファイヤーなどはなさそうです。(*゚ ー ゚*)
オーバードライブも、インジケーターも正常に動作しています。

DC確認をしてみると、おかしなところはありませんので、オーディアナライザーから信号を入れてみます。

う~ん?

アウトプットに信号が出てこない・・・ボリューム関係も絞っていないし・・・orz

R3218316[1]

とりあえず、信号を追いかけて、どこまで正常で、どこからが異常かを突き止めます。
ようやく判りましたが、どうもリレーの動作がおかしい・・・

R3218317[1]

このアンプの配線図鏡写しになっているので、追いかけると頭がこんがらがってきます・・
リレー基板も鏡写しなのですが、デフォルトのポジションが違うだけで、動作に影響は無いはずなのですが・・・

考え込むのも時間の無駄なので、リレー基板を作成しなおします。


R3218339[1]

今回は、それほど大きな基板ではないので、不要箇所の銅箔を削ってみました。
1時間程度かかりましたが、レジストが無くても半田付けしやすいし、こりゃGOODです。カッターの寿命は短くなるでしょうね。

しかし、エッジングした基板と変わりませんね。。。しかも穴も正確にあいているし(・ω・)ノ
いつもはショート確認を行ってるのですが、この基板でしたら、目視でOKです。

リレー基板を外しているときに原因がわかりました・・電源が1箇所未半田でしたorz・・・・

R3218340[1]

気を取り直して、部品を実装してしまいます。

R3218341[1]

パネル作成

黒塗りしたパネルが乾きましたので、トーレックスを貼ります。
トーレックスをカットして

R3218267[1]

先日も、紹介したばかりですので、あまり、しつこく解説しませんWw

R3218275[1]

こちらはフロントパネルの途中経過・・

R3218272[1]

先日の分とあわせて、3つ出来ました。

R3218292[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
1153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
61位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR