FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

完成です!

ご依頼いただいたコンボ用のキャビネット製作と、追加でご注文いただいたオリジナルパネルの作成が完了しました。

パネルは印刷部以外のところを板に貼り、アンプの中に入れて発送いたします。
梱包があるので、週末の発送になると思いますが、よろしくお願いします。

R3217632[1]

フロント部です。
かっちょいい!・・・失礼しました。私の作品ではないのですが、ついつい盛り上がってしまいましたWw

R3217633[1]

完成したら、写真いただけるとうれしいです。
今回はご依頼ありがとうございました。

キャビ発送

キャビネットを掃除して、梱包しました。

R3217028[1]

持ち主様にかわいがってもらってください。

R3217029[1]

スピーカー取り付け、完成

依頼者様からスピーカーが送られてきましたので、取り付けます。

オニネジを取り付けます。

R3217006[1]

JensenP12のベル付きです。(*゚ ー ゚*)

R3217008[1]

取り付け完了、ジャックの配線をして、音出しを行いました。
バッチリです。
綺麗に掃除して発送します。

スピーカーグリル

グリル用の枠にあわせてクロスを切り出します。

R3216972[1]

意外とピーンと張るのが難しいんです。

R3216975[1]

マジックテープで取り外し可能です。

R3216976[1]

バッフル取り付け、足、ハンドル取り付け

昨日、急遽塗装しましたが、塗装が乾いたので、バッフル板用の受け木を取り付けます。

R3216949[1]

バッフルはかなり、きつく作っています。緩かったら音にも影響する部分ですから・・

R3216950[1]

少しずつ削りながら、嵌るまで根気よく・・・

R3216951[1]

バッチリ嵌りました(*゚ ー ゚*)

R3216953[1]

受け木と接合します。

R3216955[1]

ハンドルの位置を出して取り付けます。
ココはオニネジで取り付けます。

R3216954[1]

足も位置を出してから、取り付けです。

リアバッフル製作

先日作成していたリアバッフル板の大きさに合わせてトーレックスを切ります。

R3216920[1]

切り込みを入れて、少しずつオーバルホールにあわせるようにトーレックスを広げてゆきます。

R3216922[1]

もう一声です。
糊が乾かないうちにやっつけてしまわなければいけないので、完成までは、休むことは出来ません。トイレにも行かずがんばります。(`・ω・´)

R3216925[1]

完成です。
後は余計な部分をカットしてゆきます。

R3216928[1]


リアバッフルを留めるための受け木を取り付けます。

R3216933[1]

スピーカー振動板の受け木の木材が不足してましたので、再度切り出して塗装しておきました。

トーレックス貼り等

トーレックスを広げて切るスペースが生まれました(*゚ ー ゚*)
とても、楽です。
R3216911[1]

底面を張っていきます。

R3216910[1]

底が、ある程度乾いたら、残りの面のトーレックスを貼ります。

R3216912[1]

コーナーの処理も終わり、ひと段落です。|゚∀。)ゝ”

R3216915[1]

コーナー金具を取り付けました。

R3216917[1]

グリルの枠を作成します。
接着が乾くまで、一休みです。

R3216909[1]

コーナー金具用加工、塗装

コーナー金具が入るように角を成型しておきます。

R3216872[1]

8箇所加工が終了しました。

R3216876[1]

ココは、忘れないうちに・・・
スピーカージャック用のザグリです。フォスナービットで5mm程度掘り込みます。

R3216877[1]

加工が終了した部材を塗ります。

R3216878[1]

SPバッフルとリアバッフル製作

バッフル板を切り出し、オーバルポートの加工を施します。

R3216866[1]

同じく、以前に作成していた12インチ用のテンプレートを使用して、スピーカー取り付け用の穴を加工します。

R3216868[1]

ボンドが乾きましたので、クランプを外して、角を落としてRをつけました。

R3216869[1]

12インチキャビネット製作

友人の銘木店から購入したパイン集製材が届きました。
長さ5mもあります。

旧工房なら、入りませんでしたが、今回は余裕です。(*゚ ー ゚*)

R3216853[1]

18mmの角材を何本か取りたいので、丸のこで縦引きを何回か行った後、ザックりと半分位にカットして、スライドソーにて、大きめにカットして、テーブルソーで正確にカットします。

R3216854[1]

その後ダブテール加工を施したところです。
前よりはましですが、まだ、オガクズが大量に吹きかかります。(T▽T)

R3216858[1]

仮組をします。

R3216856[1]

ボンドをつけて、本組みです。
ボンド乾燥を待ちます。

R3216860[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
665位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
30位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR