FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

完了

インピーダンス切り替えスイッチ取り付け、ダンブルレーターの確認完了です。

後ほどメールにてお知らせいたしますが、増設したスイッチ類はシールにて表示させていただきました。

R3218182[1][1]

再現テストその2

昨日、ギターを弾いていても再現しなかったので、今日は測定器を活用して、再現させます。

Audio Analyzerから1kHz~300Hz程度まで変化させ信号を入力、自作のダミーロードで受けて波形を観測します。
バイアス電流は100mA程度流れ出します。

KT-66はだんだん薄赤くなってきます。

その状態から、時々測定器を抜いてギターとスピーカーに接続しなおします。
う~ん、再現しない・・・(*「´・∞・`)?

R3217581[1]

色々いじっているうちに、発振波形を確認しました。
マスターボリュームとPRESENCEの位置が密接に絡むようです。

R3217587[1]

17kHz程度で発振してます。耳ではほとんど確認できません。

これが原因かどうかわかりませんので、依頼主様にお電話をして、カリカリになるときの状況を確認しました。
マスターはかなり上げる、プレゼンスも上げ気味、、、プレゼンスに起因している感じはあったとの事・・・

おそらく、これが原因だと思います。

また、1箇所依頼者様のコンデンサ変更時の半田不良を1箇所発見。
これは、直接は関係なさそうですが、テスターで触ったときにデカイ音がしたので、調査して見つけました。
振動を加えると「ポコッ」と鳴るやつです。

R3217582[1]

発振の場合、あれこれいじってしまうと、直ってしまったりして、わけがわからなくなりますので、とりあえず何も弄らず、状況を確認して、一気に対策を打ってやっつけるのがいいと思います。

R3217585[1]

あれこれ悩み、カット&トライしながら、対策を打ち解決できました。
どのポジションでも発振はなくなりました。
まだ、時間がありますので、もう少しエージングテストをして見ます。

それにしても、中身は結構マスタードに代わってますWw
かっこいい!音もいいです。

再現テスト

以前作成したMarshall風味のKT66仕様のODSです。
弾いていると音がチリチリになっていくという事で、入院してきました。

R3217565[1]

本日テストしていたのですが、再現できてません(´・ω・`)ショボーン
というか、凄くいい音で鳴っていて、調子バッチリなんです・・・

明日また試験してみます。
爆音なので、明日はダミーロードとオーディオアナライザーで長時間試験してみましょう。
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
1153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
61位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR