FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

Custom Esqireボディ作成編

さて、ボディ編ですが、カスタムテリーなので、ボディ材はアッシュではなくてアルダーになります。
エスクワイヤーは男前でいいのですが、、、ロック過ぎ(^_^;)
これはオリジナルアイディアですが、テレキャスターのMIX TONEはやはり魅力的なので、フロントPUを入れ、ピックガードの下に隠すようにします。
その際、シングルではやはりパワー不足なので、P-90を埋め込むことにします。

20180325_093205[1]

カスタムなので表、裏バインディングが入ります。バインディングを巻いて行きます。

20180325_154215[1] 20180325_161548[1]

ネックとビグスビーを置いてみました。これだけで興奮する~

20180327_090125[1]

興奮を抑えつつ、塗装に入ります。

まずはペーパーで磨くだけ磨いて、シーラーを吹いてさらに磨いて・・・導管が目立たなくなるまで磨きます。
20180328_111849[1]

そして、ブラックを吹いて、水研ぎです。
20180401_101310[1] 

つやが出てきました。続いてラッカーを何度か吹いて、ピカピカになるまでさらに磨く・・・その繰り返しです。
 
20180401_095744[1]20180414_142444[1]20180414_135614[1]

さてさて、テレキャスターのプレートって厚いものしかなくて、ピックガードとの高さが合わず、格好悪いポイントです。今回はプレートを無理言って作ってもらいました。メッキ処理で何度も何度もやり直ししていただいて・・・すいませんです。

20180213_142651[1]

それから、ピックガードを1プライで作成します。

20180414_145404[1]20180414_151931[1]

ぐほおお。。。やはりピックガードつけると痺れる!

20180414_153538[1]

配線を行います。見た目エスクワイヤーですが、3WayでMIX TONE出力可能です。
20180819_103410[1] 20180819_104316[1]
ヘッドはAKGロゴにしました。(^_^;)
そして・・・いよいよ完成・・しかもこのEsquire音メッチャ太い!

DSC_0038[1] DSC_0042[1] DSC_0052[1]

Custom Esqire構想とネック作成編

テレキャスターの中でもエスクワイヤーはフロントPUがないというデザイン上の違いなのですが、見た目が恐ろしく潔くてロックを感じてしまいます。
 バランス的にフロントピックアンプの付近が何もなくすっきりしているので、リア側を賑やかにしたい。。。。うーーんBigsbyをつけてみますか・・・
 通常のサンバーストよりも、ロックな外観で黒のカスタムカラーでバインディングをつけてカスタムテリーのエスクワイヤーバージョン、CustomEsqireを妄想・・・絶対かっこよさそう。でも私はそんな実機は見たことないです。・・が、作るエネルギーがわいてきます。

まずはネックを作成します。
堅くてよいメイプルが入手できました。まずはメイプル部分を加工します。

20180125_143219[1]

ネック裏付近の加工の感じです。スラブ期の59年テレキャスターからの採寸です。

20180217_182042[1]

表側です。このヘッドにかけて扇形に広がっていくこの感じがいい雰囲気だとおもいます。
したにあるネックはビンテージのEsqireです。

20180218_102819[1]

少しサンドペーパーで削って整形しました。

20180225_083450[1]

次はハカランダで指板を加工します。

20180213_110601[1]
20180213_132339[1]

指板を借り固定をしてロッド調整ねじの穴を加工します。現在のテレキャスターはメイプル部のみに調整穴が空いていて味気ないです。指板に少しかかってロッド調整ねじが加工させれている感じが本物っぽいです。

20180223_104351[1]

ネック接着をしたあと、フレット溝、ナット溝を加工してます。フレット溝は指板Rに合わせてRで掘っていきます。

20180318_092146[1]

サイドポジションを入れてます。
20180225_091448[1]
20180814_162549[1]

指板がつくと扇形の感じがよくわかると思います。とても立体的なヘッドデザインです。
ドットはオリジナルで調合したクレイドットです。

20180220_100225[1]
20180225_083427[1]

フレットを取り付け、摺合せなど行います。フレットはビンテージタイプで細くて背が高いものをチョイスします。
 
20180815_140043[1]20180815_083307[1]20180814_160717[1]20180814_161055[1]

20180815_084901[1]

シーラーを吹いて
20180815_140342[1]20180815_140338[1]

この状態でしばらく寝かせて狂いだしをしましょう。次回はボディ編です。


プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
656位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
34位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR