FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

TeleBird作成 ~Body編

前回のネック編で忘れていました・・サイドポジションマークを入れます。昔のFenderは本当に面倒な場所に入れてくれました。ロッドもサイドポジションマークも指板とメイプルの境界面なので大変です。
20170623_101252[1]

すり合わせてようやくサイドポジションマークになります。

20170623_101742[1]  

あとはフレットやナット作成まで、ネックはしばらく放置となります。狂いだしにも時間が必要なんです。

ボディ作成に取り掛かります。準備していたのはアフリカンマホガニーの2ピース板なのですが、ちょっと思うところあって、1枚マホガニーの板を用意しました。
いったん2ピースに接着面をカットして

DSC_0436[1]

なんと3ピースにしてしまいます。
DSC_0442[1] 

CNCでボディをカットして完成したところです。ここが一番テンション上がるところですねえ。
20170714_132425[1] 

大体のネックとの勘合を確認します。少しの手直しで何とか入りました。

20170714_135539[1]

さて、マホガニーなので導管は結構深いです。砥の粉、サンディングシーラーで導管を埋めていきます。
20170715_094000[1] 

シーラー→磨きで何度も何度も・・・
下地はオイル塗装でうっすら色付けしてます。

20170717_170206[1] 

だいぶ導管がなくなってきたと思っても、塗装がひけるとまた導管が浮いてくるので、何度もやります。。。。

20170719_172358[1]

いよいよ塗装前です。
20170718_112113[1] 

まずは2トーンバースト
20170716_162025[1] 

それから赤をいれて3トーンにしました。

20170722_154018[1]
ここからは表面にラッカー吹いて磨きの工程です。
その間にフレット打ち、すり合わせも行い、ナットも大方成型します。
この時期になると一日一日ギターになっていくのがとても楽しみな毎日です。ちょっと前までは木材だったのにとても不思議です。

20170808_135051[1]

ヘッドのロゴも作って入れました。Akg ”TeleBird Model”と入れました。

20170723_135522[1] 

3p材でピックガードを作成し、マークをシルク印刷で入れました。なかなかアメリカンな感じでいいです。

20170905_103049[1] 

パーツ取り付けですが、肝心なセンターだしです。
ここはレーザー位置だしでセンター決めていきます。

20170729_131419[1] 20170729_131321[1]

電気系の配線をして弦高などセットアップしてます。
P90は前後リンディをチョイスしました。ビンテージ感というより中域の密度が濃い感じの現代的な音色で何故か箱っぽい音します。


DSC_0632[1]DSC_0634[1]

そして、いよいよ完成です~ 

20170906_092053[1] 20170905_103454[1]
20170905_103502[1]20170905_103456[1]

当初はオールマホガニーでP90なのでレスポールスペシャルの音になるのかな?と想像していましたが、スケールとネックジョイント、ブリッジの影響なのか、テレキャスター感がちゃんといます。
 特にテレキャスターのセンターポジションのおいしいコリン、チャリンとした音が、p90の太目のサウンドで実現できているので、センターはなかなかやめられないサウンドになりました。

センター部分はファイヤーバードのオマージュで2㎜程出っ張っています。
色々と反省点はありましたが、ギターとしてはなかなかいい出来栄えになりました。

TeleBird作成 ~ネック編~

ビンテージtelecasterと同様に指板とメイプルにかかるようにトラスロッド調整が来るように検討します。捨て板で検討します。
DSC_0446[1]

アフリカンマホを削りネックを作成します。まずは裏側から行きます。

DSC_1850[1] 

ひっくり返して表側の作成です。

20170516_091028[1] 

ロッド溝はビンテージと同様にダブルアクションではなく弓なりのロッドなので、溝は弓なりの溝を掘ります。

DSC_0474[1] 

指板をドラムサンダーで平らに均します。指板には恐れ多くもハカランダを奢りました。

20170520_165730[1]

 指板にフレット溝、インレイの穴を加工しますが、薄板なので色々と失敗がありました。
要改善の工程です。

20170518_184455[1]

最初に実験した工程です。
指板と合体させてロッド調整ネジが入る穴を加工します。事前に実験済みなのでうまくいきました。

120170527_173532[1] 
ロッドを入れます

20170527_174232[1]

ロッドの上からメイプルの板を接着しました。

20170529_083658[1]

指板もポジションマークを入れて10インチRの冶具をブビンガの端材で作成してRに合わせて削ります。
20170529_154047[1]

指板を接着してからしばらく硬化待ち、その後サイドポジションを埋め込みました。

20170623_101252[1]

ネックエンドの様子です。
20170604_101145[1]

ヘッド付近
丸みを帯びた指板との境がビンテージライクです。
20170604_094605[1]20170529_092054[1]

実際の59年製と比べてみます。だいぶ近い感じで出来上がりました。
ネックは動きがあるといけないので、しばらくこの状態で寝かせておきます。次回はボディを作成します。

20170531_101429[1]20170531_101341[1]

アッセンブリ 完成

購入したネックなのですが少なくともヘッド裏の形状は許しがたいので、ここだけは整形しておきます。

20180121122512785.jpeg

ヤスリ、鉋などを駆使してこんな感じになりましたが、、平面の形状がうまく出せず、今回はここで妥協します。

20180121122511cc0.jpeg

ネックをボディにセットします。
ジョイント部の平面を完璧に仕上げシムなどは入れません。
アライメントはレーザーを使用してセンター出しをします。

201801211225090e8.jpeg

ジョイント部の感じはこんな感じでガッチリ勘合させます。

20180121122508cdd.jpeg

こちら側も同様です

20180121122507c61.jpeg

アッシュなので導管が深いのでとの粉、シーラーなどで下処理をしたのち、下地のホワイトを吹いたところです。

2018012112262386f.jpeg

レリックもやってみようと思い、ピックガード、ブリッジカバーの付いた状態で日焼けした感じをだすので、マスキングをして本体の塗装します。

20180121122617bb0.jpeg

その後ようやくボディカラーを吹きます。
下地が白なので、擦れて薄くなると白が覗くイメージです。

20180121122622994.jpeg

パーツ類もレリック処理します(笑)

20180121122614a82.jpeg

塗装している最中ですが薄く吹いているので大分塗装がひけて木目が出てきました。。今回はこのまま進めます。

20180121122620397.jpeg

ピックガードはビンテージのように薄いものにしたいので、作成します。

201801211247516cf.jpeg

ブリッジ周りの加工になります。
弦を通す穴は、アルミでジグを作成し、ガイドにして穴あけを行いました。

20180121130526f55.jpeg

ブリッジのアライメントもレーザーを使ってセンターを出します。

201801211305251b5.jpeg


パーツ類を取り付けたところです。
本当はコントロールパネルも薄いものにしたいのですが、ないので今回は汎用品を使います。

20180121122616fa7.jpeg

塗装の仕上げを行い(大分飛ばしてしまいましたが・・)完成になりました。


20180121122613ad4.jpeg

裏側から見るとネックのフレームメイプルが目立ちます。(曲がらなければ良いのですが。。)

20180121122612b3a.jpeg

ピックアップはローラーを取り付けました。
塗装もいい感じのレリック感になりました。これにて完成です。

20180121130527190.jpeg

ホワイトガードテレキャスター作成

実はこの前にセットネックギターを作成したのですが、課題が多く、この2号機の作成からブログに紹介しようと思います。
今回3D CADも学習中でネックがまだ上手く描けないので、ネックは購入することにしました。
ボディはアッシュですが、1ピースが良いかとも考えたのですが、探すと杢が入ったアッシュを見つけ、1ピースには幅が不足な材料でしたので、2ピースで作成することにしました。

材料はこんな感じでトラネック、トラ入りボディです。

20171216112924060.jpeg


ボディの型は個人所有の59年年製を測定し作成します。まずは2x4材で作成した材料で試作してみます。


20171216112926e4b.jpeg

試作したボディをオリジナルと合わせて、形状の確認をします。

2017121611293009a.jpeg

ネックを嵌めてみると。。ギターになってます。テンション上がってきます。

201712161129261cd.jpeg

本チャン材料で作成開始します。
本当はフロントpー90で作成しようと考えていたのですが、やはりシングルに変更して作成です。

20171216112932112.jpeg

ここから、ヤスリます。

20171216113948c9f.jpeg

ひたすら、ヤスリます

2017121611394912b.jpeg

ネックと合体したところ。ちょっと重めですが、4kgまではいかないでしょう。
いい感じに組めました。

20171216113951925.jpeg


プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
755位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
35位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR