FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FUCHS MOD

FUCHSのMODご依頼を頂きました。ありがとうございます。
かなり変わったタイプのFUCHSです。

R3231323[1]

トランスなどはFENDERのものを使用しています。

R3231324[1]

デザインなど打ち合わせして、12x2のコンボにすることにします。
プレートを作成しなおします。

R3231686[1]

キャビネットを作り、スラントシャーシの型を取ります。

DSC00028[1]



DSC00029[1]
スポンサーサイト

調整中

ACCENT(Presence)のPOTカーブがぎこちないので、カーブを変更しています。
また、配線材を一部交換、BASSのEQ部も手を入れます。

R3230034[1]

完了

ギタリスト是永さんのFUCHS モデファイ終了しました。

R3229932[1]

前回、Modefyシールを貼り忘れましたので、今回は忘れずに発送前に貼りました。

R3229931[1]

中身です。
明日発送いたします。ご感想、ドキドキでお待ちしています(滝汗)

R3229930[1]

カード基板はいいかな

EQ関係。すなわちFUCHSはカード基板にまとまっているのですが、これに関するところは大体いい感じに追い込めて来たように思います。

R3229862[1]

再挑戦

先日完成して発送したところ、早速試していただいたようで、即ご感想が届きました。
張り出し感、ハイの伸びはとても良くなったとの事でした。

新たに、
・MIDのEQの帯域とLOWの帯域を離したい
・DEEPをOFFの時にFENDERのようなチャリとした感じが欲しい
・スカイライナーのロスをなくす
・PRESENCEの値を変更
・ケーブルの変更

など、さすがに見抜くのが早いです。
ということで、再度送られてきました。初段はRCAに変更になっています。

まずは色々試すため、カード基板から配線を引っ張り出し音を確認して行きます。

R3229850[1]

出荷です

ギタリスト是永巧一さんのFUCHS完成!と思ったのですが、あっ、120V仕様でした。

 昨日100Vでバイアスをあわせましたので、再度シャーシを降ろして120Vで調整、フェーズインバーターのAC調整も行い出荷しました。

 うーん、感想ドキドキする・・・

R3229793[1]

閉会式

プリアンプ部はかなり改善されて、もうネタがなくなってきました。|゚∀。)ゝ”
キャビネットに納める前にバイアスを確認します。。。 おっと、大分電流が少ないです。音が硬く感じた原因はこれかも知れません。
40mA弱程度を狙って電流を調整しておきました。

R3229787[1]

リアパネルの受けがネジ馬鹿になってます。この部分は作製しなおします。

R3229781[1]

よっしゃふたが閉まった。
音確認したら、バリバリになっていて。。。。_| ̄|○
おそらくHiCapがキャビに当たったか?と想像したのですが、その通りでした。
もう一度コンデンサを交換、付け直して耐熱テープでガードしておきました。今度はよさそう。ガッツのある音っす!

R3229789[1]

MOD

また、カード基板を外します。

 まずは、BrightSWです。是永さんとお話していた時にかなりBrightのHiの感じを求めていらっしゃるようでしたので、
これはOn-Off-Onの3点スイッチに変更して、上が強、下が弱、中間でOFFに変更します。

また、DEEPですが、動作が逆ですね。なので、ここも配線変更します。

また、Treble Capですが、どうもクリアランスがなくて、シャーシに当たっているようなので、部品を取り替えます。

R3229741[1]

テスト中。
大分いいです。。。。いいでしょう。

完成と言いたいところです・・・ああ、パイロットランプの色変更ですね。

秋葉原を探したのですが、
青のACのパイロットランプが見つからなかったです(T▽T)

穴径を広げてφ18ならありそうなので、広げて付けるようにしますか・・

R3229742[1]

EQちょします

色々といじってみて、EQの「ん??」と感じた箇所を変更していきます。
ダンブルってどれが正解っていうのはないんですよね。色々な定数があるので、本人も、音楽環境も段々変化していったのだと思います。
 最後はトータルで理想の音に近ければよいのだと思うのですが、FUCHと私の回路は結構定数が違っています。

R3229469[1]

とりあえずEQの定数変更で音だしです。
回路が複雑でこの場所であっているのかどうか?ちょっと不安な部分もあるのですが、ここまでは合っているみたい。

 ここまでやると、GAINがあがり、HIがいい感じで出てきました。BASSはいつもの私のアンプの感じより、ちょっと出すぎかな・・

MIDのカーブがちょっと納得いかないのですが・・・これスイッチ付きのPOTで、カード基板にガッツリ実装されている・・・うーんちょっと考えますが、本当はリニアカーブに変更したいです。

次はプリ段に手を入れます。
まずは、回路の現状を確認するところからです。。。

R3229455[1]

ギタリスト是永さんのアンプ

なんとギターリストの是永巧一さんから、ギターアンプが2台送られてきました。
モデファイっす。

R3229365[1]

まずは、OVERDRIVE SUPREMEの方からはじめます。
是永さんから送られてきた問題点と私なりの感想をまとめていきます。

EQバランスが崩れている感じがあります。MIDはあまり効かないですが、LOWは効きます。
是永さんが求めているHIは周波数が低い気がしますし、BRIGHTの効きも外しているかな・・・

また、私のPreAMPが手元にありますので、これをFUCHSのパワーアンプに入れてその違いなどもまとめてます。


R3229367[1]

ひとまずシャーシを降ろします。
そうなんですよね。知っているんですが、やはりかなりの高密度、両面基板_| ̄|○

R3229370[1]

EQ周りをいじるので、カード基板を外します。

R3229371[1]

スカイライナー回路ですね。ダンブルでも後期に採用されていますが、はじめて見ました。

R3229373[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
1410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
66位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。