FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

渡辺香津美さんアンプ

外装に関して面白い木材がお好みとの事でいろいろ探し、銘木店に神代欅が有りましたので、ご提案し、採用いただきました。
神代は土の中などに数千年の間埋まっていた木材で化石の一歩手間の木材です。白、黄色っぽいのが欅なのですが、この木材は深い紫、濃い茶色という感じのいい色になっています。

DSC_0643[1]

流石に我が工房では取り回しできず、製材所に製材お願いしました。
迫力の帯鋸です。

DSC_0635[1]

工房で少しの間木材を寝かせ、反り等出ないか確認し、キャビネットのサイズにカットします、、、緊張します。

DSC00636[1]

フットスイッチ用のサイドウッドも同じ材料で削りだします。

DSC_0100[1]

ヘッドのグリルに関していろいろ相談させていただき、デザインが決まりました。MDF材で試作して確認しているところです。
DSC_0024[1]

メイプルをグリル板にして、インレイを入れていきます。

DSC_0075[1]

キャビネット加工中の様子です。

DSC_0018[1]

キャビネットが組み上がりました。

DSC_0028[1]

サンディングシーラーを5回ほど吹き、ラッカーを吹いて磨いて仕上げます。ピカピカになります。

DSC_0133[1]

グリルを取り付けた感じです。

DSC_0120[1]

シャーシを組み込んで、キャビネットも同様に仕上げました。
ここからは出来上がりの写真になります。

スペック的には6V6x4による36WがMAXで9Wまで落とすことができます。
スピーカーは入手困難でしたがEVM12SをOEMでしたがなんとか発見し取り付けました。反応が早く低域も12Lに比べて締まっていていい感じです。

DSC_0216[1]
DSC_0208[1]
DSC_0217[1]
DSC_0159[1]
DSC_0185[1]
DSC_0193[1]

納入の日、車に積み込みいざ香津美さんのスタジオに行きます。なんと雪が降ってきて休み休みでしたがなんとか無事到着

なんと、香津美さんのスタジオに鎮座させてもらいました。お会いしたときうっかり「本物だ・・」と言ってしまいました。とても親切に対応していただき、説明を熱心に聞いていただきました。帰りの車の中でなんてことを言ってしまったんだ・・と反省反省・・

DSC00817[1]

説明と試演が無事一通り終えて快く記念撮影していただきました。

DSC00821[1]

なんと、持参させていただいたCDにも気さくにサイン応じてもらいました。恐縮です。

DSC00826[1]

完成 

完成しました。

36W/18WにオプションのパワーダウンとEffectLoop付きになります。
パワーダウンとあわせて9Wまで出力を落とすことが可能です。
パワー管は6V6を4発で、カールトンのODSと同じ仕様です。

DSC_0033[1]

キャビネットにはG12-65を入れています。

DSC_0021[1]

リアの感じです。

DSC_0008[1]

フロントアップ

DSC_0025[1]

スピーカーキャビネット

リアバッフルを作製し、角を落してから、塗装を行います。

R3230801[1]

トーレックスを貼ります。

R3230810[1]

スピーカーを取り付け、配線を行います。

R3230813[1]

グリルクロスを貼ります。

R3230804[1]

ヘッドキャビネット作製

桟を作製します。

R3230788[1]

ヘッドに取り付けます。
取り付ける際にシャーシを一度降ろしますので、その隙にハンドルも取り付けます。

R3230795[1]

再度シャーシを取り付け、ゴム足などを取り付けます。

R3230790[1]

リアパネルを作製します。

R3230808[1]

リアパネル完成

R3230809[1]

フロントグリルも作製します。

R3230803[1]

キャビネット作製

キャビネットのトーレックスを貼ります。

R3230731[1]

貼り終えました。

R3230732[1]

ヘッド固定用の穴あけを行います。

R3230734[1]

ヘッドを取り付けて収めました。

R3230741[1]

トーレックス貼り

ヘッドのトーレックスを貼ります。

R3230717[1]

一周貼り終えました。

R3230723[1]

キャビネット作製

ヘッドキャビネット、スピーカーキャビネットの角を落し、更にペーパーがけです。

R3230633[1]

この後、塗装をします。

キャビネット作製

36W ODCのヘッドとキャビネットを作成します。

材料をカットして、ダブテール加工を終えました。

R3230607[1]

ヘッド側を組み立て、内寸を確認します。設定値通りです。

R3230609[1]

キャビネットを組み立てました。こちらも内寸と直角確認をします。

R3230610[1]

配線

楽器ショーに出品という事で時間がやばくなってきました。
ノブと残りの部品を取り付けて、配線を行います。

R3230574[1]

ヘッドキャビネット到着

今回は、お客様がキャビネットを作成して、送ってもらうという、初の試みになりました。

ざっくりとあてがってみた感じでは、寸法はバッチリでした。

まずは、桟の部分のアルミを加工します。

R3230543[1]

桟にアルミを取り付けてから、

R3230544[1]

シャーシを固定するためのネジ穴をあけます。

R3230547[1]

こんな感じですね。
これはカバという材料で硬くてしっかりした材料です。
R3230548[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
755位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
35位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR