FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

完成

エフェクターも完成です。
本日発送です。

DSC_0081[1]

Athena Buffer試作音だし

今回は2台作製していて、1台は評価用です。

一台、先行で配線を行います。

R3226699[1]

LEDはまだ付けていません。

ODS18Wに繋いで評価してみました。
 Bufferのみで評価すると、やはり原音とほぼ変化しません。これはFUZZやWAHを接続するときのハウリングやワウのかかり方がおかしくなるのを防いだりボリュームペダルの音やせの対策が主な役割ですので、音色の変化がないことは好ましいと考えます。

バッファを入れた状態でミニスイッチっを入れると内蔵したブースターが入ります。トーンコントロールなどは無く、ゲインのみのシンプルなブースターです。

これは、OverDriveSpecialのBoostと同じような効き方をする印象です。アンプがクリーンの設定ではクリーンのまま音量が上がります。GAINを最大にしてもエフェクター単品では歪まない位のゲインです。

アンプをオーバードライブさせているときにかけると、アンプの音質に色付けをせずにアンプのゲインをプッシュして、音も太くなる印象です。

弾いていると、OverDriveSpecialに相応しいBoosterだと感じました。
コントロールがシンプルなのも良いです。

R3226701[1]

ケース加工

穴あけを行います。

R3226673[1]

シルク印刷

ケースにシルク印刷を施します。

R3226646[1]

乾燥後ケース加工に移ります。

部品実装

部品実装しました。少し手持ちにない部品がありますので、発注しなくては・・・
Boosterと並べたところです。
 Buffer部は音質変化がないことは分かっているのですが、Boosterも搭載しましたので、音だしして、早く音色を確かめたいです。

R3226637[1]

基板作成

基板を作成しました。

奥のほうはApolloBoosterといいます。

R3226632[1]

構想と設計

私のオリジナルのBuffer回路をエフェクターにした物なのですが、Bufferだけではなく、Boosterも内蔵して、Booster部はBypassも可能にしたエフェクターです。
 基板の入力まで完了しました。

R3226609[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
33位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR