FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

配線図

オリジナルの配線図をおこしておきます。
プリ部の図面化が完了しました。

R3228983[1]

完成、梱包

じゃーん、完成しました。
シックな佇まいです。

DSC_0041[1]

雰囲気いいです。
音もいいです。

DSC_0036[1]

裏側はこういう感じになります。

DSC_0042[1]

なんと、オリジナルのローラセレッションG12-65が2発!!(涎・・)

DSC_0043[1]

閉会式

リアバッフルのねじ留めをして蓋をします。

R3228713[1]

ご依頼者様と相談の上、Marshallロゴは無しで行きます。

R3228714[1]

よっしゃ、あとはクリーニング、磨きます。|゚∀。)ゝ”

動作チェック

初の音だしです。
ゲゲッ!このJCM、音いいです。クランチなんて最高かも(*゚▽゚*)ノ

R3228678[1]

リアバッフル作製

塗装が終わった材料にトーレックスを貼ります。

R3228611[1]

乾燥待ちのリアバッフル達・・・

R3228616[1]

バックパネル作製

リアパネルを作製します。
材料カットして、黒に塗装します。

R3228598[1]

ハードウエア取り付け

コーナー金具、ゴム足を取り付けます。
一旦、シャーシを降ろしてハンドルまで取り付けを行います。


R3228555[1]

再び、シャーシを組み込みます。

R3228557[1]

後は、リアパネルです。
受けを取り付けました。

R3228558[1]

キャビネット作製

シャーシの穴位置をジグに写し取って穴をあけます。

R3228375[1]

まずは無事、シャーシが取り付きました。

R3228378[1]

パイピングを施してバッフルを仮で取り付けてみます。
丁度よすぎました・・グリルネットの分だけきつくなりました。

R3228380[1]

古いキャビネットからスピーカーを抜き取ります。
これ、モノホンのG12-65です。2本付いています。(涎・・・)

R3228382[1]

移植完了です。


R3228383[1]

R3228384[1]

バッフルを固定してフロント側はほとんど出来ました。

フロントグリル作製

バッフルにグリルを貼ります。
OxBloodを貼っていきます。

R3228373[1]

ピチピチに貼れました。(*゚ ー ゚*)

R3228374[1]

バッフル加工

マーシャルのキャビネットの場合、バッフルに直接グリルを貼る構造になっています。
シャーシとの兼ね合いでバッフルの寸法を決める必要がありますので、シャーシをセットしながら寸法を求めます。

R3228348[1]

カット完了です。

R3228349[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
755位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
35位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR