FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕上げ

最終的に再度バイアスwおチェックして、通電テストしてます。

R3229138[1]

スピーカーケーブルを作製して接続します。Beldenです。

R3229139[1]

リアバッフルを閉じているところです。

R3229140[1]

ゴム足を取り付け、とりあえず完了。あとはプリアンプとテストして、外装をクリーニングします。

R3229143[1]
スポンサーサイト

グリルクロス貼り

作製した枠にグリルクロスを貼ります。

R3229124[1]

貼り終えました。

R3229125[1]

こんな感じになります。

R3229126[1]

グリル枠作成

グリル枠の面取りを行って、このあと塗装です。

R3229116[1]

グリル枠作製

グリル枠を作成します。
まずは材料をカットします。

R3229104[1]

組み立て中です。

R3229105[1]

スピーカー取り付け

10インチのEminence Rajin Coujinです。
これを取り付けます。

R3229068[1]

シャーシ側も最終調整で、BIASをあわせます。

R3229067[1]

取り付け完了。

R3229069[1]

リアバッフル作製

ハンドル部を作製しました。
ブビンガのつき板です。

R3228939[1]

これをシャーシとともに固定します。
これで、ハンドル部の出っ張りが無いデザインとなる訳で、上にプリアンプを乗せるのに便利です。

R3228943[1]

リアのバッフルを作製します。

R3228945[1]

一面貼り終えました。

R3228946[1]

オーバルホールに切り込みをいれます。

R3228947[1]

こんな感じでリアバッフルが出来ました。

R3228948[1]

あてがってみました。

R3228949[1]

スピーカーパネル取り付け

スピーカーパネルの受けを取り付けます。

R3228890[1]

塗装が乾燥したパネルを取り付けます。

R3228891[1]

リアパネルの受けも取り付け完了です。

R3228892[1]

パネルカット

塗装が乾燥したパネルをサイズをあわせて再度カットします。
端面はまた塗装しなおします。

R3228879[1]

バッフル作製

今回は10インチ用です。パワーキャビネットですし、結構小さいです。
スピーカーとリアバッフルを切り出しました。
リアバッフルの面取りまで終了しましたので、塗装して乾燥待ちです。


R3228860[1]

桟取り付け

シャーシジグを作製して、位置だしを行います。
シャーシの穴を開けているところです。

R3228791[1]

シャーシを取り付けて、位置を出し、桟を取り付けました。

R3228793[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
1410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
66位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。