FC2ブログ
FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Boogie mk Five25コンボ化

Boogie mk Five 25という小型のヘッドを、高級なフレームメイプルのキャビネットを作成してコンボ化します。小型コンボに高級木材なので部品の干渉とかまったく洒落になりませんので、3DCADで干渉などしないように且つ小型に・・・いつも以上に慎重に大きさなどを決めて行きます。

Assem1 v1 

 ギター作成してよく分かるのですが、木材、特にこのようなメイプルの価格は本当にやばいです。
でもカットしなければ作成できないので、心を鬼にして図面通りカットします。

20171205_102401[1] 

カットして、FingerJointの加工を行いました。

20171205_102718[1] 20171205_114334[1]

組み立てです。
20171205_115618[1]

リアバッフルとフロントのバッフルも作成してパーツが揃いました。
フロイントのGrillはBoogieといえば・・・の籐です。
20171214_134542[1] 20171215_135107[1]

シーラーを吹いてから、全パーツを組み立て
20171221_090135[1] 
雰囲気最高(*^^*)

シャーシとSpeaker(セレッション Gold)を組み込みました。セレッションはベルカバー付きなのでこの干渉が非常に怖かったのですが、問題なく収まりました。


20171221_091333[1] 20171221_092049[1]

この後、ラッカー→磨きの工程を何度か繰り返し完成となります。
フレームメープルが美しいアンプになりました。

IMG_0276[1] DSC_0777[1]DSC_0765 (2)[1]DSC_0769 (2)[1]
スポンサーサイト

小型でシンプルな1VOLUMEのアンプを作成しました。
外観から行きます。

フロントは潔くVOLUMEしかありません。
シングルのテレキャスターでも6くらいから歪み始め8位からはかなり歪んだトーンですが、ちょっとコンプ感があって、とてもいい感じのアンプに仕上がりました。

DSC_0162[1] 

リアもシンプルです。インピーダンスセレクターはついています。

DSC_0161[1] 

ボンネットを外した感じです

DSC_0129[1] 


中身の写真です。
基板は使わずラグで組み上げました。
DSC_0141[1] 


完成しました。今回はスタジオに一式搬入し竹中プロに弾いてもらいました。

11222944_1610914155839185_8841374808923007203_n.jpg



ヘッド
Head:14kg
幅:535mm高さ:280mm奥行き:270mm 16kg
Speaker:19k
幅:535mm高さ:740mm奥行き:270mm 19kg

ROBBEN FORD MODEL モデファイ

FenderのROBBEN FORD MODELのモデファイ依頼です。
とても綺麗な固体で雰囲気もいいです。

R3231766[1]

とりあえず、自分のROBBEN FORD MODELと並んでもらって記念撮影です。

R3231767[1]

内容はピックアップを交換(Duncan ANTIQUITY)
もともとミニスイッチはTAP用なのですが、これをTONE VOLUMEのBypassスイッチにします。
これは、自分用も行っているモデファイですが、絞った設定で音つくり、ミニスイッチでフルパワーになり、2つの設定がもてます。
また、ブルアップの状態でも、一皮音が新鮮になります。

R3231768[1]

配線はビンテージワイヤーですが、今回はハイ潜在支給していただきました。これがブラックエナメルというやつで、なかなか半田がのらない曲者でした(汗)

R3231823[1]

完成して、発送いたします。

R3231824[1]

テレキャスターMOD

モデファイ前の写真が・・・ないですとりわすれです

ガリが酷くて入院してきました。
マスタボリュームとトーンがロータリースイッチになっていてリアタップになっていました。
今回は、タップはミニスイッチを新たに増設して、プレートをひっくり返して、4WAYに変更します。

R3231712[1]

プレートを外してインチサイズ用に穴を加工しなおし、ミニスイッチを増設する穴を追加します。

R3231721[1]

ワイヤーリング
ビンテージワイヤーとコンデンサはトロピカルフィッシュを使用しました。

R3231722[1]

最後に真鍮の丸棒φ45をカットします。

R3231726[1]

旋盤で、ノブを作成しました。
ずっしり重くて、径はφ40程度、回した感じいいです。

R3231728[1]

プレートは反対に取り付けて、セレクターが邪魔にならない、VOLUMEが操作しやすい位置関係です。
テレキャスターはこれが合理的です。
4WAYではMIXポジションが通常のパラレルの他に直列にも出来ます。フロントとリアでハムバッカーを形成します。パワフルなサウンドです。

R3231731[1]

完成です。

シルク印刷

シルク印刷が完了しました。

R3231620[1]

今回、苦心したボンネットも届きました。

R3231682[1]

こちらは後姿

R3231684[1]

今回はウッドキャビネットがない構造なので、この上にクリアを噴こうと思います。

ニューマチックモータ部試作

紙にパンチ穴をあけた楽譜を読み込ませ、オルガン演奏をしようという計画です。
通常、手回しで行うのですが、これを水車の動力で行う壮大な計画なのです。

楽器は何を・・というのはまだ未定なのですが、(おそらく竹笛かな)楽器に送る高圧の空気、楽譜の穴があるかないかを判断する空気が必要です。

小さな流れを検出して、大きな流れを制御する・・・まさにトランジスタの考え方なのですが、残念ながら今回は全て水車の動力で電気は無しの方向で考えるんです。

だいぶ考えて、頭の中で熟成したのですが、ある朝「パッ!」と・・・ひらめきましたよ。

早速材料を購入してきて試作を行いました。


R3230986[1]

本当はアルミなどのパイプから、ビニールホース繋ぐ方式にしようと思っていますが、今回はパイプも全部木で作製します。

R3230988[1]

接着して1日経ち、実験・・・見事に動作しました。
ええと、この写真の下側のパイプから空気を送り込み、上の短いパイプは楽譜の穴を想定した空気穴です。
横からのびるのが笛に接続されるパイプです。
 下のパイプから空気を送り、上の穴を塞いだとき、側面のパイプも空気は遮断されます。
上の穴を開放したときに側面のパイプからも空気が出てくるという動作になります。

トランジスタで言うと、下のパイプがコレクター、上のパイプがベース、横のパイプがエミッターという事になります。
こう考えると、まさに、空気トランジスタ|゚∀。)ゝ”

R3230997[1]

これが鍵盤の数だけ必要になるのですから2オクターブなら24個ですので、もう少し小型化する必要はあるのですが、なんとなくスタートできそうな気がしてきました。

システム構想&ワウモデファイ

完成 発送

ハンドルは横に2箇所取り付けます。

R3230582[1]

リアパネルを取り付けて、配線も行います。
今回は直列で16Ω 75Wとなります。

R3230583[1]

完成しました。

DSC_1165[1]
サイズは
650wx300dx420h

重量16kgとなりました。



DSC_1169[1]

MOD終盤

カード基板は納めました。
SKYLINER部と配線材の交換を行っています。

R3229870[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
1410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
66位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。