FC2 Blog Ranking参加しました。ポチッ!とお願いします。m(_ _)m

12x2 Aキャビ作成

Aキャビの2発を作成ご依頼をいただきました。
ありがとうございます。
マー○ャルのキャビはパーチ材のプライウッドを使用しています。これに倣い今回は18㎜のパーチ材で作成します。
早速カット
DSC_0161[1]

ダブテールジョイントの加工です。
ダブテールと一概に言っても私はHalf Blind Dovetailという方法です。

DSC_0164[1] 

組み立て開始です。

DSC_0170[1] 

サイドのハンドル用の穴をあけます。
トーレックスの溝を掘りました。

DSC_0223[1]

振動板を作成して、嵌めてみます。

DSC_0203[1] 

合体です。
Aキャビでスラントしてますので、振動板も一部角度をつけて作っています。

DSC_0205[1] 

トーレックスを貼っていきます。
溝ありの場合は大変です(汗)

DSC_0486[1] 

トーレックスを貼り。、
グリルネットを貼ります。マーク用に穴をあけます。

DSC_0547[1] 

マークを取り付けてしまいました・・・
あ、マークは普通に売っています。

DSC_0548[1] 

配線を行って・・
そして、完成です!


DSC_0033[1] 

DSC_0028[1] 

小型でシンプルな1VOLUMEのアンプを作成しました。
外観から行きます。

フロントは潔くVOLUMEしかありません。
シングルのテレキャスターでも6くらいから歪み始め8位からはかなり歪んだトーンですが、ちょっとコンプ感があって、とてもいい感じのアンプに仕上がりました。

DSC_0162[1] 

リアもシンプルです。インピーダンスセレクターはついています。

DSC_0161[1] 

ボンネットを外した感じです

DSC_0129[1] 


中身の写真です。
基板は使わずラグで組み上げました。
DSC_0141[1] 


製材所へ行ってきました

製材所デビューしてきました。
私です(^o^)

今回は欅(ケヤキ)はケヤキなのですが、3000年以上も地中に埋まっていた神代ケヤキという木材を
製材するのが目的です。

DSC_0625[1]
 
製材所の機械は原理はわかるのですが、圧倒的に大きくて、迫力があります。 

DSC_0656[1]

DSC_0688[1]

数時間後、通常の機械で処理できる大きさにカットされました。
通常のケヤキは白っぽい色なのですが、神代ケヤキはカットした面も濃い緑、茶という感じの色です。

 DSC_0681[1]

さて、これで、ヘッドキャビネットとスピーカーのキャビネットを作ります。



12x2キャビネット

12X2キャビネットのご依頼をいただきました。
できるだけ小さく作成し、AKGロゴを入れました。

DSC_0538[1]

リアはオープン、クローズドがネジで変えられるようにしてます。

DSC_0534[1]


スピーカーはTonkerを2発で重量10kg程度になります。

DSC_0530[1]

小型18Wヘッド作成

持ち運びがしやすい、超小型で18Wヘッド、つまみはシンプルに1ボリュームのみで設計しました。
基板は使用せず、本当にラグのみを使用して空中配線で仕上げました。
 部品、回路はヨーロピアンを意識して、初段管にEF806を使用、パワー管はEL84を使用して設計しました。

DSC_0119[1]

トランスは高価でした・・・

DSC_0123[1]

カバーを作成して合体した感じです。
4kg程度に収まってます。

DSC_0156[1]

リアの感じです。インピーダンスセレクターがついています。

幅:305mm
高さ:170mm
奥行:160mm

重量4kg

DSC_0161[1]

完成しました。今回はスタジオに一式搬入し竹中プロに弾いてもらいました。

11222944_1610914155839185_8841374808923007203_n.jpg



ヘッド
Head:14kg
幅:535mm高さ:280mm奥行き:270mm 16kg
Speaker:19k
幅:535mm高さ:740mm奥行き:270mm 19kg

スイッチャー完成

完成しました。スイッチャーになります。
今回はプログラマブルではありません。5ループでそのうち4番目にMIXERが入っています。
MIXERは空間系でシリーズに入れると音が引っ込んだり、思ったよりかかりすぎたり。。。。というのを解決できます。

Boostは今回の難関でしたが、音質を変えずに音量を上げるものです。ユニティゲインは9時の位置で右方向はゲインが上がっていきます。

DSC00076[1]

裏側は電源供給も行っています。
9Vと12V,24Vの供給が出来ます。

DSC00074[1]

内部です。
プログラマブルではないので意外とすっきりしてます。

横幅415mm
奥行き130mm
高さ65mm

となってます。
DSC00070[1]

完成しました。100/50/25Wとワッテージ切り替え可能なODSです。
エフェクトループが内蔵されてます。

DSC_0359[1][1]

スピーカーは貴重なエレクトロボイス製のEVM12Sです。よくある12Lではなく、奥行きが薄いタイプになります。

DSC_0383[1][1]

ヘッド
幅:535mm高さ:280mm奥行き:270mm 14kg
Speaker(12インチx1)
幅:535mm高さ:740mm奥行き:270mm 18kg



DSC_0392[1][1]


DSC_0376[1][1]

5W ODS HEADタイプ完成

5WODSヘッドタイプ完成しました。今回は全身黒で渋い仕上げになってます。

DSC_0351[1]


 写真でみると、普通なのですが、実際にはとても小さくかわいいルックスです。

DSC_0363[1]

幅:340mm高さ:210mm奥行き:190mm 6kg

DSC_0359[1]

PreOut,PowerInputがありますので、スタジオの大きなパワーアンプに接続すれば大音量でもドライブ可能です

5WOverDriveSpecialコンボ完成

5WOverDriveSpecialコンボ完成しました。
こちらは竹中プロ用になり、グリルがいつものオリジナルデザイン柄になります。

DSC_0357[1]

幅:340mm高さ:395mm奥行き:190mm 10.5kg
PreOut,PowerInputがありますので、スタジオの大きなパワーアンプに接続すれば大音量でもドライブ可能です。

DSC_0359[1]
プロフィール
お問合せは、こちらにお願いします。 contact@akgsound.com

AKG工房

Author:AKG工房
ギター用真空管アンプ、キャビネット、エフェクター等作成・モデファイ・修理します。


★お問い合わせ(Mail)

★WEB SITEへGo

更新カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Categories

openclose

リンク
お問合せ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
音楽
1133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
48位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
QRコード
QR